iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

使える♡iPhoneを縦に持ったまま横長写真が撮れるアプリ

アプリ2016/03/23

iPhoneのアプリの中でも特によく使うのが写真アプリ。

でも、横に長い画像を撮影したい時に、いちいちスマホを横に持ち変えるのがちょっと面倒…。

この悩みを解決してくれる、無料写真アプリを発見しました!

『Verticam - 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ』は縦に持ったままでも横長画像が取れる無料写真アプリです。

アプリを起動して画面上部中央にあるアスペクト比をタップするか、直接画面をスライドさせて比率を変更できます。

普通は横に持ち替えないと全部が写らない写真でも、縦に持ったままで写真が取れました。

自動やフラッシュ、人物などのシーンに応じたモードと、トランスファーやインスタントなどのカラーモードは右下で切り替えできます。

見ながら画像の変化が見られるので、気に入った効果をかけられますね☆

プランターのチューリップなども、普段だと横にしないときれいに入りませんが、これなら縦持ちのまま撮影出来て便利です。

また、このアプリはシャッター音がしないのも特徴。レストランなど、静かな場所だと「ガシャッ!」というシャッター音が目立って恥ずかしいですが、これならそんな心配もありません♪

使ってみて、縦持ちのままでも横長画像が取れるって、思った以上に便利でした。iPhoneでよく写真を撮る人や、片手で写真を撮りたい人にもオススメです。

▼アプリのダウンロードはこちら

記事で紹介したアプリ

Verticam - 縦持ちで横長撮影できるライブフィルタ付きマナーカメラ
  • NAME:Verticam - 縦持ちで横長撮影できるライブフィルタ付きマナーカメラ
  • CATEGORY:写真/ビデオ,ユーティリティ
  • PRICE:240円

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

注目の記事
ページトップへ戻る