ガジェット 【レビュー】火を使わないオシャレなLEDキャンドル『PLAYBULB candle』を使ってみた

【レビュー】火を使わないオシャレなLEDキャンドル『PLAYBULB candle』を使ってみた

ガジェット

みきしろ



こんにちは、みきしろです。
今回ご紹介するPLAYBULB candleは、火を使わないオシャレなLEDキャンドル
iPhoneでコントロールできたり、息を吹きかけてオン/オフを切り替えられたりと、なかなかおもしろいガジェットなんですよ(^_^)

火を使わない=乾電池で駆動するキャンドル風LEDライト

PLAYBULB candleは火を使わないLEDライトであるため、ペットや小さなお子さんがいる家庭でキャンドル(っぽい雰囲気)を楽しみたいときにぴったり

電源は単三形の電池を3本。
コンセントは必要ないので、どこでも使えるのが嬉しいですね(^_^)
エネループなどの充電池を使えばエコなのも◎

電球の形はろうそくの炎のような形状になっています。
まさに「LEDキャンドル」ですね♪

また、スイッチは裏面ではなく覆いの中にあるため、都度動かすのはかなり不便。

でも、その点に関してはご安心を!
じつはPLAYBULB candleは、息を吹きかけることでオン/オフを切り替えることができるんです!

消すだけならば普通のキャンドルも同じですが、オンにもできちゃうあたりがユニークですね(^_^)

覆い部分の光の透過性もちょうど良く、柔らかな光が均一に周囲に広がってくれます。

ただし、こうした構造のため、覆いの内部にホコリが溜まりやすくなります。
マメに掃除しないとすぐにホコリだらけになるので、あまりズボラすぎる人には向かないかもしれませんね(^_^ゞ

iPhoneで色やタイマーを管理できるのが便利♪

PLAYBULB candleは、専用のiPhoneアプリPLAYBULB Xを使ってコントロールすることもできます。

好みの色を直接指定したり、自動的に色が切り替わるような設定にもできます。

まるで本物のキャンドルの炎のように、光がゆらゆらと揺らぐモードもあって、いろいろな光のパターンが楽しめますよ(^_^)

また、タイマー機能もけっこう便利。
といっても、朝の起床時にライトを付けてもほとんど効果はありませんでしたけど(^_^ゞ

私にとって便利だったのは、時間を指定してオフにできるスリープモード。
寝るときに枕元で柔らかい光を演出して、寝入った後に自動的に消えてくれるというのが良かったです(^_^)

香りチップはあくまでオマケに考えておこう!

PLAYBULB candleには、セントチップと呼ばれる香りシートが付属しています。

これを内部に設置することで、本物のアロマキャンドルのようになる……という触れ込みなんですが、正直なところ香りも使い勝手もイマイチどころかイマニイマサンといった感じ。

香りが欲しいならば、別途アロマディフューザーを使って、好みのアロマを焚くのがオススメですよ!


いろいろな色やパターンの光を楽しめるだけでなく、ペットや小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えるLEDキャンドル。
PLAYBULB candleはAmazonにて1,500円で購入できますよ!

あわせてよみたい


あなたにおすすめ