アプリ Safariからワンタップでリンク情報を自分宛にメールできる「Mail to Self」

Safariからワンタップでリンク情報を自分宛にメールできる「Mail to Self」

アプリ

海老名 久美



iPhoneのSafariで見ているWebページを保存する方法はいろいろありますが、自分宛にメールで送る、という人も多いと思います。

私も内容によっては、よくやります。ただ、メールアクションを選択すると、メールアプリが起動するので、毎回宛先を入力しなくてはいけません。
これってちょっと面倒ですよね。

それを、ワンタップでできるようにしてくれるのが、「Mail to Self」アプリです!

使い始める前に、送信先のメールアドレスを登録する必要がありますが、いったん登録すれば、あとは楽々です(´▽`)

まず、Mail to Selfを起動して、[Add Email ID]をタップします。

送信先となるメールアドレスを入力して、[Submit]をタップします。

入力したメールアドレス宛てに、コードが送られてくるので、そのコードをコピーして、[Enter Verification Code]をタップします。

コードを入力して(コピーしておいたものを貼り付けると簡単)、[Submit]をタップします。

[Enable notification]で[OK]をタップします。

送信エラーなどの通知を受け取るために、[OK]をタップします。

これでメールアドレスの登録が完了しました。

Safariでは、Mail to Selfのアクションを選択できるように[その他]から、[Mail to Self]をオンにしておきます。

気になるWebページを開いて、[Mail to Self]をタップすれば、自動的にバックグラウンドでメールが送信されます。

Mail to Selfで自分宛に送信されたメールは、件名にWebページのタイトル、本文にはWebページのタイトルとURLが記載されています。

ワンタップでメールできるのは、かなり楽です♬

メールアドレスを登録する必要があることと、いったんMail to Selfのサーバーにリンクが送信されることが気になる人もいるかもしれません。
ですが、Mail to Selfの説明には、ユーザーが送信したリンクを転送する目的以外でメールアドレスを利用することは絶対になく、第三者に渡すこともない、さらには、送信されたリンクは暗号化されていると書かれています。

それでも心配な人は、転送専用のメールアドレスを使うといいかもしれませんね。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ