PR Apple認定品!iPhoneに直挿しできるUSBメモリ『ライトニング フラッシュメモリ』を使ってみました!

Apple認定品!iPhoneに直挿しできるUSBメモリ『ライトニング フラッシュメモリ』を使ってみました!

PR

techjo編集部



USBメモリというとパソコンに挿して使うのが一般的ですが、実はiPhoneに挿して使えるアイテムがあるんです!

iPhone関連グッズを扱う、株式会社STAYERから登場した『ライトニング フラッシュメモリ』をご紹介します!

『ライトニング フラッシュメモリ』の1番の魅力は、LightningコネクタとUSBコネクタの両方を搭載していること!

クラウドサービスを使うことなく、iPhone/iPad/iPodとパソコン間のデータ共有ができるので、デジタル事情に弱い女性にはありがたいアイテムです。

そんな画期的なアイテムだからこそできる、とっておきの活用法をご紹介します!

ボタン1つでアドレス帳のバックアップ・復元

忘れがちなアドレス帳のバックアップは、『ライトニング フラッシュメモリ』を使ってボタン1つで済ませちゃいましょう!

専用アプリ『i-FlashDrive HD』をダウンロードしたiPhoneに、『ライトニング フラッシュメモリ』を挿すとメイン画面が出ます。

[アドレス帳バックアップ]を選択。

あとは丸い[バックアップ]ボタンを押すだけ。一瞬でアドレス帳のバックアップデータが出来上がります!

バックアップデータにパスコードロックをかけられるので、万一紛失した場合でもアドレス帳の情報を盗まれることがなく安心です!ちなみに販売元の株式会社STAYERによれば、「日本でも他社からライトニングフラッシュメモリがリリースされていますが、パスコードロック機能があるのは弊社の製品だけ」とのことでした。

旅の思い出をその場でシェア

旅行やイベントなどで撮りためた写真をシェアする時にも、『ライトニング フラッシュメモリ』が大活躍します。

『ライトニング フラッシュメモリ』にイベントごとのフォルダを作り、その中に写真を保存。それを友達のiPhoneに差し込むことで、大量の写真を一気に渡すことができます!

写真1枚ごとにパスコードロックをかけられるので、見られたくない写真だけシェアできないようにすることも可能です。

一時的に容量を削減できる

OSをアップデートする際、iPhoneに一定の空き容量が必要になります。しかし、容量の少ない端末を使っている方にとっては、1GBだって空けるのは難しいこと。

そんな時は、『ライトニング フラッシュメモリ』にデータを移行して、容量を一時的に減らしましょう!

パソコンと繋がず手軽にデータ移行ができるうえに、簡単に復元できますよ!

 

本体サイズは約27.5×9.0×59.0(mm)で、質量は18g、容量は8GB/16GB/32GBの3種類。ヤマダ電機の店舗で購入できます!

コンパクトなのに何役にも活躍してくれる『ライトニング フラッシュメモリ』、iPhoneのデータ管理に新たな常識を作ってくれそうです。

ユニークなiPhone関連グッズを扱う、株式会社STAYERの動向も要チェックです!

あわせてよみたい


あなたにおすすめ