ゲーム 重厚なイラストと音楽と物語、そして奥深いボードゲームにハマる『テラバトル』

重厚なイラストと音楽と物語、そして奥深いボードゲームにハマる『テラバトル』

ゲーム

みきしろ



こんにちは、みきしろです。
今回ご紹介する『テラバトル』は、基本無料ながらもおそろしくクオリティの高い新作ボードゲームです。

実はこのゲーム、ファイナルファンタジーシリーズの生みの親として知られる坂口博信氏が手がけ、他にも音楽は植松伸夫氏が担当するなど、公開前から話題の大作だったんです。
クオリティが高いのも納得ですね♪

基本的にはボードゲームと考えていいんですが、同時にRPGでもあります。
仲間を集めて冒険するところなんかは、まさにRPG的展開。

ゲームのメインとなるバトル部分は、オセロや囲碁のように“相手を挟んだり囲ったりする”ボードゲーム形式

味方の駒で敵の駒を挟むことで攻撃を行えます。

ルールはけっこう複雑で、味方との連係攻撃やスキル発動など、かなり頭を使って駒を動かす必要があります。
もちろん、チュートリアルはしっかりとありますが、使いこなせるようになるには相当の慣れが必要だと思います。

さらに、武器の種類による力関係などもあり、正直なところ、決して暇つぶしに行うようなお手軽なゲームではありません。
逆に言えば、奥が深くてやり応えのあるゲームということなんですけどね☆

キャラクター育成というRPG要素もバッチリ。
イラストもとってもキレイですね!

坂口氏が作り上げたストーリーは、全30章にもおよぶ本格的なもの。
先の展開がとっても気になります。

 

また、テラバトルではDownload Starterという仕組みを採用。
ゲームのダウンロード数に応じて、アーティストの参加や新コンテンツの追加などが行われる予定となっています。

たとえば、

  • 10万DL:植松伸夫さん・新曲追加
  • 20万DL:皆葉英夫さんによる新キャラクター
  • 30万DL:漫画家・鈴木央さん参戦
  • 40万DL:米田仁士さん参戦

など。

10月15日現在では、リリースから数日にしてすでに49万DLにまで達しています。
アートブックやフィギュアなどの展開もあるそうで、今から楽しみですね♪

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ