iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

【iOS 8】検索エンジンをGoogleから、プライバシー重視の『DuckDuckGo』に変更する方法!

iPad設定・使い方・Tips2014/10/08

iPhoneの検索エンジンをGoogle以外に変更できること、ご存知でしょうか。

今までは、Yahoo!とBingに変更できるようになっていたんですよ!

そしてiOS 8でもう1つブラウザの選択肢が増えました!それが『DuckDuckGo』です。

『DuckDuckGo』ってなに?

アヒルマークが可愛い『DuckDuckGo』、日本ではあまり馴染みがありませんよね。『DuckDuckGo』は“あなたを追跡しない検索エンジン”を謳い文句にしているプライバシー重視の検索エンジンなんです。

IPアドレスや検索履歴などを残さず、Cookieも必要最低限しか使用しません。WEB検索だけなら十分使える代物です。

検索エンジンの変更

(1)[設定]→[Safari]を選択。

(2)[検索エンジン]を選択。

(3)[DuckDuckGo]を選択。

Safariでの設定

『DuckDuckGo』の言語はデフォルトで英語に設定されています。使う前に、言語を日本語に変更しましょう!

(1)右上のリストマークをタップ。

(2)[設定]を選択。

(3)地域、言語をそれぞれ[Japan]、[日本の日本語]に変更。その他項目は任意で設定してください。

 検索結果が日本語になっていれば完了です。

Googleがあまりにも使い勝手がいいので、今まで検索ブラウザの変更なんて考えていませんでした。しかし、いろんなサービスと連携できる分、個人情報の漏えいも心配です。

状況に応じて、検索ブラウザを使い分けてみてはいかがでしょうか。

注目の記事
ページトップへ戻る