アプリ あえて不便に!36枚撮りで現像に72時間かかるカメラアプリ『Tomo』

あえて不便に!36枚撮りで現像に72時間かかるカメラアプリ『Tomo』

アプリ

anju



デジタルカメラやiPhoneのカメラの登場で、すっかり使われなくなっているのがフィルムカメラ。

フィルムカメラの良さは撮った写真が現像されるまで見れず、わくわくさせてくれることでしたね!

そんなフィルムカメラを思い出させるカメラアプリ『Tomo』を使ってみました♪

1度に撮れる写真は36枚

インスタントカメラのように、撮れる枚数が決まっています。

1枚撮るごとに、左下のカウンターが撮った枚数をカウントしてくれます。

ファインダーもかなり小さく、なんだか懐かしい雰囲気。

36枚撮り終わると、次は現像ですが、現像にかかる時間は72時間

72時間経つまでは、どんな写真を撮ったか見ることが出来ないんです><

わくわくしながらその時が来るのを待ちます。この間『Tomo』で写真は撮れません!

撮った写真がすぐに見れることに慣れてしまった私たちにとって『Tomo』は不便かもしれません。SNSとの連携もなく、フィルター機能もついていません。

それでも『Tomo』が制作されたのは、撮った瞬間の記憶が写真と結ばれることをユーザーに経験してほしかったから。

そうこうしている間に、72時間。写真が現像されました!

いかがですか?と言うほどでもない、いたって普通の写真。ですが、この写真を見ていると、どの角度で、どこまでを枠の中に入れて、と考えながら撮った記憶が思い出されました。

いつ、どんな理由で撮ったか分からない写真に思い出は詰まらない。

『Tomo』は、現像費がかからず気軽に撮れてしまうことで薄れたシャッターの重みや写真の趣きを思い出せてくれる素敵なアプリです♪

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ