お役立ち iPhone 6 Plusを大盛況に導いたのは“老眼”ユーザーだった?!

iPhone 6 Plusを大盛況に導いたのは“老眼”ユーザーだった?!

お役立ち

かみーじょ



画像元:Apple

iPhone 6 Plusの発売前、多くの人が「大きすぎて売れない」と言っているのを耳にしました。

蓋を開けてみたら、なんとiPhone 6より6 Plusの方が入手困難という結果に。

そんなiPhone 6 Plusを大盛況に導いたのは、実はスマホとは無縁だったあのターゲット層を巻き込めたからだと思います。

老眼でも見やすい

今まで細々した文字やアイコンに懸念を抱いていた老眼の方が、こぞってiPhone 6 Plusの購入に踏み切っています。

   

拡大表示機能を搭載

老眼の方に重宝されているのが、iPhone 6/6 Plusで可能となった拡大表示機能。しかし、拡大するとランドスケープモード(横向き表示)ができなくなるので注意。

 

今後はヘルスケアアプリに期待

拡大表示機能だけではなく、今後年配の方の強い味方として期待されているのが、iOS 8で搭載されたヘルスケアアプリ。現在はまだ連携アプリがありませんが、近いうちに多くのアプリが誕生することでしょう。

大きな画面で自分の運動記録を確認できれば、健康への意識もさらに高まるのではないでしょうか!

画像元:Apple

今までスマホの購入をとまどっていたユーザーさえも巻き込んでしまう、それがiPhone 6 Plusの魅力でありAppleの実力です。

両親や祖父母がスマホへの買い換えを考えていたら、まずはiPhone 6 Plusを勧めてみてはいかがでしょうか。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ