iPhone News iOS 8の提供が開始されました!注意事項とアップデート手順

iOS 8の提供が開始されました!注意事項とアップデート手順

iPhone News

海老名 久美



9月18日未明から、待望のiOS 8のダウンロードができるようになっています!
はやる気持ちを抑えて、iOS 8へのアップデート前には、バックアップを取っておきましょう。

注意事項

アップデートの際の注意事項は、次のとおりです。

  • アップデートには、6.9GB以上のiPhoneの空き容量が必要
  • iCloud Driveへのアップグレードをしない([今はしない]を選択する)
  • 1時間近くかかる可能性

この他、Twitter上で、LINEが落ちまくって使えないといった報告を複数目にしています(私のiPhone 5でも、かなり落ちまくっています)。
よく利用しているアプリが、iOS 8対応にアップデートされるまで、iOS 8へのアップデート自体を見送るというのもアリでしょう。

【追記】本記事の公開後、LINEのiOS 8対応アップデートがありました。

iOS 8へのアップデート手順

[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]をタップ。

[ダウンロードしてインストール]をタップ。

[同意する]をタップ。

iOS 8のダウンロードが始まります。私の場合は、30分近くかかりました。

[インストール]をタップ。

アップデートのための検証が始まるので、少し待ちます。

この後、iOS 8へのアップデートが始まります。ここでも20分近くかかりました。

インストールが終了すると、iOS 8の最初の画面が表示されます。

[スライドで設定]を右にスライドします。

[続ける]をタップ。

必要に応じて、位置情報サービスのオン/オフを選択します。

iCloudのパスワードを入力して、[次へ]をタップ。

[同意する]をタップ。

iMessageとFaceTimeの設定を確認して、[次へ]をタップ。

iCloud Driveは、Appleの新しいサービスですが、iCloud Driveに対応していないアプリを使っていると、複数のデバイス間で同期ができなくなるほか、同期するデバイスすべてでiOS 8へのアップデートが必要であることと、Macと同期する場合は、まだ発売されていないOS X Yosemiteが必要であることから、今の段階では、アップグレードしないようにします。

[今はしない]をタップ。

[続ける]をタップ。

これで、iOS 8へのアップデートは完了です。

冒頭の注意事項を読んで、今すぐアップデートするかどうかを判断してくださいね(´▽`)

あわせてよみたい


あなたにおすすめ