アプリ ちょっとだけOfficeを使いたい人にオススメな“無料オフィス環境”

ちょっとだけOfficeを使いたい人にオススメな“無料オフィス環境”

アプリ

みきしろ



こんにちは、みきしろです。
Microsoft Officeってワープロや表計算の標準を作ったという意味ではありがたいんですが、いかんせんソフトウェアが高額なのがネックなんですよね。

がっつり使うならともかく、“ちょっとだけ”使いたい人にとっては、わざわざ何万円も出して買うほどのものでもないと言いますか。

かと言って、まったくOfficeファイルを扱えないというのも、それはそれで問題があります。

そこで今回は、iPhoneやiPad、さらにパソコンのすべての環境で、“無料でちょっとだけ”Officeを使う方法をご紹介します。

 

【方法1】iCloud経由でiWorkを使う

2013年9月1日以降にアクティベートされたiOS 7を搭載したiPhoneやiPad(さらに2013年10月1日以降に購入されたMac)の場合、AppleのiWorkを無料で使うことができます。
ワープロのPages、スプレッドシートのNumbers、そしてプレゼンテーションのKeynoteもiWorkに含まれます。

上記の条件に該当する場合は、わざわざ他のOfficeアプリを購入しなくても、iWorkだけでたいていのことはできてしまいます(互換性に若干の問題はありますが)。

「でも、それってiPhoneやiPad、新しいMacだけでしょ?」とお思いのあなた。

実はWindowsパソコンでも、ブラウザからiCloud.comにアクセスすれば、オンライン版のPagesやNumbersが使えるんですよ!

データはiCloudに保存され、iCloud経由で使うことになるので、[設定]→[iCloud]→[書類とデータ]で該当アプリをオンにしておきましょう。

 

【方法2】OneDrive経由でPolarisとOffice Onlineを使う

iPhoneを買ったのはけっこう前で、iWorkを無料で使えないという人もけっこういると思います。
そんな場合は、以前にもご紹介した無料のOfficeアプリ『Polaris Office』を使ってみましょう。

パソコンから利用する場合は、オンライン版のPolarisがあることにはあるのですが、表示や動作が不安定

そこで、いったんファイルをOneDriveに保存するようにします。

そして、本家MicrosoftのOffice Onlineにブラウザでアクセスします。

OneDrive上のファイルにしかアクセスできないという制限はありますが、無料でOfficeが使えるのでとっても便利!

もちろん、がっつりと使うならばきちんとMicrosoft Officeを買った方が便利ですが、ちょっと使うだけならば無料でも十分なんですよ☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ