お役立ち 【iPhoneography】写真の『白飛び』や『黒つぶれ』を防ぐ方法

【iPhoneography】写真の『白飛び』や『黒つぶれ』を防ぐ方法

お役立ち

みきしろ



こんにちは、みきしろです。
今回は、写真を撮る際に割と起きやすい失敗である『白飛び』および『黒つぶれ』を防ぐ方法をご紹介します。

白飛びと黒つぶれ

白飛びも黒つぶれも、明暗差の激しい場所や逆光環境で撮影するときに起きやすいもの。

こちらの写真では、背景の空や雲はハッキリと写っていますが、手前のウッドデッキや地面は真っ暗になってしまっていますね。

これは、空の明るさ露出をあわせた結果、日陰部分のウッドデッキが黒一色になったもの。
この状態を黒つぶれと呼びます。

一方、手前のウッドデッキに露出をあわせると、逆に空も雲も真っ白になってしまいました。
これが白飛びと呼ばれる状態です。

背景と手前の明るさに差がありすぎるのが原因ですね。

 

白飛びや黒つぶれはアプリで修正できる場合もある

まあ、失敗してしまったものは仕方ありません。

アプリでちょちょいと加工できるのもiPhoneのいいところなのですから、なんとか修正してみましょう。
今回は『Instaflash』という加工アプリを使ってみます。

まずは、黒つぶれになってしまった写真を加工してみます。
シャドウやEV値を調整することで、かなり明るくすることができました。

しかし、ウッドデッキの左側あたりなどは真っ暗なままで改善されていませんね。
これは、撮影時点で完全な黒つぶれになっているためで、修正しようにもそもそも黒いデータしかないので不可能なのです。

白飛び写真の方はさらにわかりやすいですね。
ハイライトやEV値を調整していくら暗くしても、空も雲もまったく見えてきません。
これも、そもそも白飛びで白いデータしかないからなのです。

アプリで修正できるのは、あくまで「ある程度」だと覚えておきましょう。

 

HDR撮影で白飛びと黒つぶれを防ごう

このように明暗差の激しい場所で役に立つのが『HDR』(ハイダイナミックレンジ合成)機能です。
HDRは撮影中にいつでもオンオフを簡単に切り替えられます。

HDR撮影では、明るい部分と暗い部分の両方に露出をあわせた写真を撮影。

それを自動的に合成することで、目で見たときのような自然な明るさの写真を撮ることができます。

もっとも、白飛びや黒つぶれが必ずしも悪いというわけでもありません。

たとえば朝焼けや夕焼けの風景を撮るときなどは、黒つぶれになったシルエットは逆に味が出ますよね。

撮影シーンによっては、むしろ使える方法なんですよ☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ