iPhone設定・使い方・Tips 【小技】日本のいろいろな記念日を標準カレンダーに登録する方法

【小技】日本のいろいろな記念日を標準カレンダーに登録する方法

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、いつの間にか標準カレンダーアプリ派になっていたみきしろです。

さて、iPhoneの標準カレンダーには、外部に用意されたいろいろなカレンダーを参照して表示させる機能があります。

【関連記事】
iPhoneの標準カレンダーに大安や仏滅などの六曜を表示させる方法

今回は、オープンカレンダーというサイトを利用して、標準カレンダーに日本の記念日を表示させる小技をご紹介します。

ブラウザでオープンカレンダーのサイトにアクセスしたら、「スマホに登録してみる」をタップ。
祝日や六曜、旧暦などもありますが、今回は「日本の記念日」を登録してみましょう。

ちょっとカレンダーの中身を確認してみると、聞いたこともないような記念日がいっぱいです。
パンツの日くらいは知っていましたけどね☆

「スマホに登録」をタップすると、形式の選択画面になります。
iPhoneやiPadに登録する場合は「Webcal」形式を選びましょう。

日本の記念日が標準カレンダーに登録されました。
ほぼ毎日のように何かしらの記念日があるみたいですね。(^_^ゞ

カレンダーの参照をやめたいときは、[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]から「照会したカレンダー」を開きます。
削除したいカレンダーを開いて「アカウントを削除」すればOK。

記念日ネタというのは話の切り口にしやすいので、けっこう役に立ちますよ☆
興味のある人はぜひ登録してみましょう。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ