iPhone News ソフトバンクが大規模イベント向けの移動式「気球Wi-Fi」を開発

ソフトバンクが大規模イベント向けの移動式「気球Wi-Fi」を開発

iPhone News

みきしろ



ソフトバンクモバイルは8月13日、「車載係留気球Wi-Fiシステム」の開発を発表しました。

これは、車載式の係留気球を用いてWi-Fi基地局を数十メートルの高さに掲げて、大規模イベント会場などで広域サービスエリアを展開できるシステム

8月15日~17日に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット86」(夏コミ)で初のお目見えとなります。

気球は車載の「係留気球ボックス」に収納された状態で運ばれます。

イベント会場に到着したら、そのまま係留気球ボックス内で気球を膨らませたりWi-Fi基地局の取り付けを行い、30分程度でサービスの開始が可能に。

車外に広いスペースがない場所でも作業ができるので、スペースの限られたイベント会場でもOKです。

また、風速10メートル以上の強風下でも使えるそうで、ビル風や海風の影響がある場所でも安心。

この車載係留気球Wi-Fiシステムでは、移動測定車に設置した「5.6GHz帯空間分割マルチチャネルWi-Fiシステム」と組み合わせることで、大量の通信トラフィックでも効率よく処理できるとのこと。

大規模イベントだけでなく、災害時などの緊急展開にも役立ちそうですね☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ