iPhone設定・使い方・Tips 【小技】オンラインストレージどうしでファイルをコピーする方法

【小技】オンラインストレージどうしでファイルをコピーする方法

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、オンラインストレージはおもにDropbox派のみきしろです。

皆さんはどんなオンラインストレージサービスを使っていますか?

Dropbox以外にも、Googleが提供するGoogleDrive、マイクロソフトが提供するOneDriveなど、いろいろなオンラインストレージサービスがありますよね。

私もDropboxがメインとは言え、GoogleDriveもOneDriveも使っています。

基本的な機能は似通っていますが、使い勝手やできることできないことに微妙な違いがあるため、利用シーンによって使い分けることがあるんです。

こうしてiPhoneから複数のオンラインストレージを使っていると、あるストレージから別のストレージへとファイルをコピーしたくなることはけっこうあります。

実は、オンラインストレージでファイルをコピーすることは簡単にできるんですよ☆

 

ファイルのコピーは『共有ボタン』から

では、例としてDropbox上のファイルをOneDriveにコピーしてみましょう。

まずは、コピーしたいファイルを開いて『共有ボタン』をタップ。

このときに、「コピーする」という項目はないので注意しましょう。

かわりに、「別のアプリで開く...」から「OneDriveで開く」を選択。

「OneDriveにアップロード」という項目が表示されるので、保存先を選んでアップロードします。

OneDriveにファイルがアップロード――つまりコピーされました。

「コピー」するために「別のアプリで開く」というのに最初は違和感を覚えるかもしれませんが、オンラインストレージアプリの場合はこの操作でコピーできますよ♪

 

「別のアプリで開く」の場所にご注意を

また、「別のアプリで開く」の項目は必ずしも共有ボタンから呼び出すとは限りません。

上のように、OneDriveでは右下の「○○○」ボタンから呼び出す形になっています。

それぞれのアプリで微妙に違うことがあるので、お使いのサービスのアプリで探してみてくださいね。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ