iPhone設定・使い方・Tips 【小技】iPhoneで濁点のついた「あ゛」を入力する方法

【小技】iPhoneで濁点のついた「あ゛」を入力する方法

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ!!

と、思わずひらがなに濁点をつけて叫びたくなってしまうこと。

ありますよね?

あまり嬉しい気分のときの表現ではありませんが、Twitterなどで使いたくなることがたまにあります☆

ところが、当たり前ですがこれは一般的な日本語ではありません。

「ば」や「が」「ヴ」などのように、あらかじめ用意された一文字で表現することはできないんですね。

実際、「あ」と入力してから濁点/小文字ボタンを押しても、「あ」と「ぁ」を交互に変換するだけで濁点のついた文字は出てきません。

じゃあ、「だくてん」と入れれば出てくるのかといえば、これでも候補には出てこないんですね。
困ったものです。

そこで、今度は「てん」と入力して変換候補を見てみましょう。

いろいろな種類の「てん」が表示されましたが、その中に濁点もありましたね。

無事に「あ゛」が表示できました!

あくまで「あ」と「゛」を続けて表示しているだけですが、読む分には問題ありません。

「てん」と入力して表示される変換候補が多いので、必要ならば辞書登録しておくのもいいかもしれませんね。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ