iPhone設定・使い方・Tips iPhoneの白さが目にまぶしいっ! そんなときは『ホワイトポイント』を下げてみよう♪

iPhoneの白さが目にまぶしいっ! そんなときは『ホワイトポイント』を下げてみよう♪

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、画面カスタマイズできるアプリでは黒背景に白文字設定が大好きなみきしろです。

さて、洗濯用洗剤や漂白剤のCMならば「目にまぶしいほどの白さ」も魅力的なのでしょうが。

これがiPhoneの画面の話となると、目が疲れるだけで良いことありませんよね。

iPhoneで目の疲れを軽減する方法としては「色を反転」が有名ですが、ブラウザで文字を中心に読むならともかく、写真はネガポジ反転したようになってさすがに見にくいことも。

そこで、「色を反転させて黒背景にするほどじゃないけど、もうちょっとまぶしいのどうにかならないかな」というあなたにオススメの小技です。

【関連記事】
PCメガネを使わずに、iPhoneによる目の疲れを軽減しましょう☆

 

コントラスト設定の「ホワイトポイント」を下げよう

[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[コントラストを上げる]から、「ホワイトポイントを下げる」の項目を有効にします。

そうすると、画面の明るさ(輝度)はそのままに、少しグレーがかって白さが和らいでくれるんです。

※注:スクリーンショットには反映されないため、上記の画面はイメージ加工です。

明るさ自体を下げてしまうと、屋外で画面が見にくくなったり、動画や写真が暗くなって見にくくなることもあります。

一方、ホワイトポイントを下げるのならば、白のきつさだけが軽減されます。

白背景の画面のまぶしさが気になっていた人は、ぜひ試してみてくださいね♪

あわせてよみたい


あなたにおすすめ