iPhone設定・使い方・Tips Googleユーザー必見! 2段階認証を設定してGoogleアカウントをもっと安全に使いましょう♪

Googleユーザー必見! 2段階認証を設定してGoogleアカウントをもっと安全に使いましょう♪

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、みきしろです。

最近、何らかの理由で流出したと見られるApple IDやLINEアカウントによる不正ログイン事件が続いていますね。

パスワードの使い回しを避けるためにパスワード管理ツールを使用したり、2段階認証を導入するなどの自衛が切に求められています。

【関連記事】
iPhoneの人質事件が多発中? ~Apple IDの『2段階認証』でセキュリティを強化しよう!
なんと9割以上の人がパスワードを使い回し! ~パスワード管理ツールが必要なワケ~

 

2段階認証でGoogleアカウントをもっと安全に使おう

皆さんもいろいろなサービスでいろいろなアカウントを持っていると思いますが、中でも流出による被害が大きいもののひとつ。

それがGoogleアカウントではないでしょうか。

Gmailはもちろんのこと、連絡先、カレンダー、Google+、Googleドライブなど、じつにたくさんのサービスがひとつのGoogleアカウントで管理されています。

また、OpenIDを採用している他のサービスに、Googleアカウントでログインしている場合も対象になってきます。

影響の大きいGoogleアカウントだからこそ、安全には気を配りたいところですね。

今回は、Googleアカウントで2段階認証プロセスを有効にする手順を詳細にご説明します。
iPhoneユーザーなら誰でも使えるので、この機会にぜひ導入してみましょう!

 

Googleアカウントで2段階認証プロセスを有効にする手順

Googleのサービスにログインした状態で、「アカウント」情報にアクセスします。
(もしくはこちらから直接どうぞ)

なお、デスクトップ版でないと設定できないので、対応したブラウザアプリもしくはパソコンからアクセスしましょう。

「セキュリティ」タブから「2段階認証プロセス」の設定をクリック。

2段階認証には「手元にある信頼できるデバイス」が必要です。
つまり、あなたのiPhoneのことですね。

キャリアのメールアドレスを設定して、コードを送信しましょう。

iPhoneのキャリアメールアドレス宛に確認コードが届いたら、そのまま数字を入力します。
この手続きにより、あなたのiPhoneが本人の手元にある信頼できるデバイスであると確認されたわけです。

作業中のパソコンを「信頼できるパソコン」として登録するかどうかを聞かれます。
他に使う人のいない、自宅のデスクトップパソコンならば登録するのもありでしょう。

最後に「確認」をクリックすれば、2段階認証プロセスが有効になります。

「アプリや端末を再接続」という注意が表示されますが、これは後で実行しましょう。

 

iPhoneでGoogleアカウントに接続している場合の注意点

Gmailの公式アプリなどを使っている場合、いったんアカウントがアプリから解除されます。

あらためてログインする必要がありますが、その際にiPhoneに送られてきた確認コードを入力して2段階認証をする必要があります。

また、[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]のアカウントにGmailを追加している場合、2段階認証は利用できません。

そこで、2段階認証プロセスの設定画面から、「アプリ固有のパスワード」を発行します。

任意の名前をつけて、iPhone用に固有のパスワードを生成して、それをiPhoneの設定画面で入力してください。

 

コードの受け取り方法にモバイルアプリを使おう

Googleの2段階認証プロセスではテキストメッセージ以外に、専用のモバイルアプリ『Google Authenticator』でコードを受け取ることもできます。

銀行などで用意する専用トークンをiPhoneとアプリで実現したようなものですね。

非常に使い勝手が良いので、個人的にはこちらのモバイルアプリの使用をお勧めします。

まず、2段階認証プロセスの設定画面で「アプリに切り替え」をクリック。

当然、iPhoneを選択して次に進みます。

次に、iPhone側でアプリをインストール。
Google認証システムを追加するために、「鉛筆マーク」をタップしてから「+」をタップ。

下記のパソコンの画面に表示された二次元バーコードをスキャンします。

このバーコードをスキャン。
下記のコードを入力しましょう。

モバイルアプリにGoogleの認証システムが追加され、コードが表示されます。
なお、このコードは30秒おきに違うものに更新されるので、すばやく入力しましょう

コードの受け取り方法がモバイルアプリに変更されました。
これは元のテキストメッセージに戻すこともできるので、好みで選んで大丈夫ですよ。

 

この手順だけを見ると面倒に思えるかもしれませんが、実際に普段の使用で2段階認証が求められることはほとんどありません。

最初の確認が済めばログアウトしない限りはそのまま使えるので、使い勝手が悪くなることはないんですね。

万が一Googleアカウントのパスワードが流出もしくは推測されてしまっても、2段階認証を設定しておけば他人がログインすることはできなくなります。

ぜひとも設定しておきましょう!

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ