iPhone設定・使い方・Tips 【iPhoneography】iPhoneのカメラでボケ味のある写真を撮るには:後編(加工アプリ)

【iPhoneography】iPhoneのカメラでボケ味のある写真を撮るには:後編(加工アプリ)

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、みきしろです。

前編に続いてiPhoneographyでボケ味演出、後編はアプリによる加工についてご説明します。

iPhone女史の無料アプリ紹介でも、ボケ加工ができるアプリは何度か登場したことがあります。

ですが、こういうアプリってなかなかハードルも高いんですよね。

今回は、ボケ加工アプリとしては有名どころのひとつである『Tadaa SLR』を使用してみます。

【関連記事】
【iPhoneography】iPhoneのカメラでボケ味のある写真を撮るには:前編(撮影方法)

 

「マスク」と「ボケパターン」で調節しよう

加工前の写真はこれ。
メインはガチャピンカーです。

アプリで写真を取り込んだら、ピントを合わせたい対象を「マスク」で塗りつぶします。
エッジの自動検出がオンになっていると、だいたいの輪郭を自動的にあわせてくれます。

円形にボケを演出するパターンだと、人形の足にはピントが合うのに顔がボケてしまいます。
マスクした箇所以外をすべてぼかすAllを選んでみましょう。

いちおう完成しました。
ですが、どうにも違和感がありますね

これは、レンズからほぼ同じ距離にあるはずの2体の人形までボケてしまってるから不自然なんです。

そこで、ガチャピンカーだけでなく、左右の人形も一緒にマスキングしてみます。

さらに、ボケパターンには線形を選びます。
これは、手前の一列がレンズから同じ距離にあり、同じようなピントの合い方になるはずだからですね。

完成しました!
こちらの方が自然な印象ですね。

ボケ加工のアプリも決して万能ではなく、本来ならばどのようにボケるのかをある程度理解していないと、かなり不自然な写真になってしまうこともあります

しかし上手く使えば、iPhoneのカメラで撮影したポートレートなどでも、本格的なボケ味を演出することができちゃいます。

ぜひチャレンジしてみてください!

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ