iPhoneケース 実際に回せるダイヤルがついてる!3Dプリンターで製作されたiPhoneケースがちょっと面白い

実際に回せるダイヤルがついてる!3Dプリンターで製作されたiPhoneケースがちょっと面白い

iPhoneケース

海老名 久美



Joaquin Baldwinさんは、普段はアニメーションフィルムの製作などをしているクリエイターですが、時間のあるときには、3DプリンターでオブジェやiPhoneケースなどを、3Dプリンターで製作しているそうです♬

そのBaldwinさんが作っているのが、「Rotary Phone Case for iPhone 5/5s」というiPhoneケース。

iPhoneの背面に、実際に回すことができるダイヤルがついているんです!

出典元:Joaquin Baldwin

このケースで電話をかけられる、わけではないのですが、ダイヤルすることはできるのです。

出典元:Joaquin Baldwin

ダイヤル式の電話を使ったことがない人でも、そこにダイヤルがあったら、ついつい回してみたくなっちゃうはず(≧▽≦)

ダイヤル内にスプリングが付いているので、ダイヤルを回せば、ちゃんと自動的に、元の位置に戻るのです!

出典元:Joaquin Baldwin

iPhone 5/5sだけでなく、iPhone 4/4s用もあります!

出典元:Joaquin Baldwin

ただ、3Dプリンターでの制作のため、使う前に、ちょっとだけ自分で作業する必要があります。

ダイヤルを回した後に、ちゃんとタブで止まるように、タブをちょっと持ち上げてあげるのと、隙間に詰まっているゴミを、耳かきなどで取ってあげることです。

出典元:Joaquin Baldwin

ムービーで、作業の様子が説明されていますので、見てみてくださいね。

色は、ホワイト、ロイヤルブルー、バイオレットパープル、コーラルレッド、ホットピンク、ブラックの6種類。

価格は、ブラックが$20、それ以外が$19。海外へも発送してくれます。

参照元:Shapeways, Inc./Rotary Phone Case for iPhone 5/5s

あわせてよみたい


あなたにおすすめ