iPhone設定・使い方・Tips 【小技】大文字のアルファベットを続けて入力するときは『CapsLock』が便利

【小技】大文字のアルファベットを続けて入力するときは『CapsLock』が便利

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、PCのキーボードは断然US派のみきしろです。

だって、かな入力しないし、Shiftキー使わなくてもCapsLockできて便利なんですもん。

さて、今回はiPhoneの英語キーボードで大文字を入力するときの小技をご紹介しますね♪

英語キーボードで大文字のアルファベットを入力するときは、矢印マークの「Shiftキー」をタップします。

グレー地に白抜きから白地に黒抜きになりましたね。

この状態で文字をタップすると大文字で入力され、1文字入力された時点でShiftキーは元通りになります。

英文の先頭を大文字にするには便利な機能ですが、大文字を続けて入力するときは、1文字ごとにShiftキーをタップするのも面倒ですよね。

そのようなときは、Shiftキーをダブルタップしましょう。

タップしたときと同じく、白地に黒抜き表示に変わりましたが、よ~く見てみましょう。

矢印の下に横線が一本入っていますね。

実はこれ、『CapsLock』が有効になった状態なのです。

この状態では、キーをタップしたときに大文字で入力されるだけでなく、1文字入力されても大文字入力状態が解除されません。

つまり、いちいちShiftキーをタップすることなく、続けて大文字のアルファベットを入力できるんですね。

固有名詞には大文字のアルファベットのみを使ったものも少なくないので、意外と利用シーンの多い入力方法ですよ☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ