iPhone設定・使い方・Tips Twitterのミュート機能を使えば、スポーツの試合内容をネタバレ中継する人がいても大丈夫!

Twitterのミュート機能を使えば、スポーツの試合内容をネタバレ中継する人がいても大丈夫!

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



こんにちは、サッカーは見ててすごいと思うものの、実はルールがよく分かっていないみきしろです。

さて、去る5月13日から、Twitterでは公式に「ミュート機能」が提供されています。

これは、文字通り「タイムラインから発言を消す」機能となります。

つまり、ミュートした相手のツイートが、タイムラインに表示されなくなる機能なんですね。

従来のブロックと違うのは、「ミュートしたことは相手に一切伝わらない」ことと「フォロー/アンフォローの操作にもまったく関係ない」こと。

機能としては

  • ミュートした相手のツイートはタイムラインに表示されない
  • ミュートしてもフォローは解除されないし、すでにミュートしている相手をフォローすることもできる
  • ミュートされた側は、自分がミュートされたかどうか分からない
  • ミュートされた側は、自分をミュートした相手をフォローしたりリツイートすることができる
  • ミュートにした相手でも、フォローしていれば@ツイートやDMは普段通りに届く

といったあたり。

これの何が嬉しいのかというと、フォローを解除せずに発言を非表示にできるということ。

発言を見たくないならフォロー解除すればいいじゃないと思うかもしれませんが。

リアルな知人なのでフォロー解除してしまうと角が立つとか。
一時的にうるさいだけみたいなので、しばらくミュートしておいて後で復活させたいとか。

ミュートが役に立ちそうな機会はけっこう多いものです。

とくに、スポーツの大きなイベントが始まったときなどは、これが便利。

家に帰ってから録画した試合を見ようと思っているときに、タイムラインで実況中継されてしまってはたまりませんからね。

ネタバレ禁止にしたいときは、実況中継を始めた相手をすかさずミュートすればOK!

設定方法はとっても簡単。

ミュートしたい相手のプロフィールを開いて、設定の歯車マークをタップ。
そこからミュートを選択するだけで設定できます。

ミュートを設定すると、赤い消音マークが表示されるようになります。
解除したい場合は、このマークをタップすることですぐに元に戻せます。

なお、ミュート機能は5月13日から数週間かけて全ユーザーに提供されています。
かくいう私も、半月以上立ってからようやく実装されました。

ミュート機能がまだ表示されない方は、もうしばらくお待ちくださいね。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ