iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

iPhoneで⑪のような2桁の丸数字を入力するにはどうすればいい?

iPhone設定・使い方・Tips2014/05/31

数を表す表記はいろいろありますが、横書きの文書でもっとも一般的なのは、やっぱりアラビア数字ですよね。

そして、箇条書き、もしくは単に複数の項目を挙げるときに便利なのが「丸数字」の存在です。

①②③……

という丸い囲み付きの数字のことですね。

この丸数字、昔は機種依存文字(環境依存文字)としてメールなどでの利用は非推奨だったのですが、Unicodeの普及にともなって制限も解消されつつあります。

もちろん、iPhoneでも丸数字を扱うことはできますし、メールでのやり取りもできますよ☆

 

1桁の丸数字は数字から変換

入力方法はとっても簡単。

1桁の丸数字の場合、キーボードから該当の数字を入力すれば、変換候補に丸数字がありますね。

 

2桁の丸数字は「まるすうじ」で変換

しかし、2桁の丸数字になると、変換候補に挙がってきてくれません。

たとえば、「10」と入力しても「①」しか候補がありませんし、「じゅういち」と入力しても「⑩」しか候補がありません。

では、どうやって入力すればいいのかというと、ひらがなで「まるすうじ」と入力すればいいんです!

さすがに変換候補の最初の方には出てきてくれないので、三角形のマークをタップしてすべての候補を表示させます。

丸数字は50まで使うことができます。

また、黒丸に白抜きの丸数字もありますね。

 

丸数字を使いたいのに入力方法がわからなかったという人は、ぜひ試してみてください!

注目の記事
ページトップへ戻る