iPhone設定・使い方・Tips 意外と知らないSafariの便利な操作小技 7選

意外と知らないSafariの便利な操作小技 7選

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



標準ブラウザであるSafariは、iPhoneでもっとも使用頻度の高いアプリのひとつではないでしょうか。

そんなSafariをさらに便利に操作できる小技7選をご紹介します♪

 

1.リンクを新規タブで開く

 今のページはそのまま残し、リンク先を別のタブとして開きたい場合。
リンクを長押しして「新規ページで開く」から新規タブで開けます。

 

リンク先ページが開いた後、タブボタンをタップしてみると、新しいタブとして開いていることが確認できますね。

 

2.フリックでタブを閉じる

 タブを閉じる場合、左上の「×」ボタンをタップすることで閉じることができます。
しかし、いちいち小さな「×」ボタンを狙ってタップするのも面倒ですね。

そのようなときは、対象のタブをサッと左側にスワイプするだけで閉じることができちゃいます。

 

3.アドレスバーとツールバーを再表示する

Safariではページの閲覧中、アドレスバーとツールバーは自動的に非表示になります。
これはこれで画面を広く使えるので便利なのですが、ページの途中で再表示させたいときに困ってしまいます。

ページの一番上または一番下までスクロールすれば、自動的に再表示されますが、それも面倒ですよね。

そのような場合は、

  1. 本来のアドレスバーのあたり(URLが表示されているあたり)をタップ
  2. 本来のツールバーのあたり(画面下)をタップ
  3. ページ内で上下どちからに素早くフリック

 

のいずれかで、すぐにアドレスバーとツールバーを再表示させることができます。

 

4.スクロールせずに、ページのトップに一気に戻る

 ページの下の方までスクロールしてから、あらためてそのページのトップ(上の方)に戻りたい場合。

アドレスバーを表示させた状態で、時刻表示のあたりをタップすれば、一気にページトップに戻ることができます。

 

5.リーダーボタンで記事を読みやすくする

 Webサイトのメニュー部分などが邪魔な場合。

「リーダーボタン」をタップすることで、iPhoneで読みやすい表示へと切り換えることができます。

 

6.ページ内で検索する

 Safariでは、アドレスバーと検索バー、それとページ内検索バーがすべて共有されています。

ページ内で特定の語句を検索したい場合は、アドレスバーに入力してから下の方の「このページ」をタップ
該当する語句がハイライト表示されます。

 

7.戻る・進むボタンの長押しアクセス

 ブックマークの「履歴」から、最近アクセスしたページを開くことができます。
しかし、移動してきた2つ前、3つ前のページに素早くアクセスしたいといった場合にはちょっと不便。

 

 このようなときは、戻る・進むボタンを長押ししてみましょう。

すべての履歴ではなく、あくまで現在のページを起点として、移動してきたページが候補として表示されます。
サイト内でぐるぐる回っているようなときに便利ですよ☆

 

いかがでしたか?

意外と知らない小技もあったのではないでしょうか。

よく使うだけに便利な操作方法なので、ぜひ試してみてください!

あわせてよみたい


あなたにおすすめ