iPhone設定・使い方・Tips 標準マップで夜景の衛星写真を見よう~しかもリアルタイムという芸の細かさ!

標準マップで夜景の衛星写真を見よう~しかもリアルタイムという芸の細かさ!

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



iOS7の標準マップに隠された(?)ちょっとした小技をご紹介します。

ピンチ操作でズームアウトしていくと、世界地図のサイズで表示されるのはご存じの通り。

でも、ある程度までズームアウトすると、それ以上は変更できなくなってしまいますね。

ここで、右下の「i」ボタンをタップしてみましょう。

現在は、地図のみの「標準」になっています。

これを「地図+写真」または「航空写真」に切り換えます

なんとっ!

最大までズームアウトすると、まあるい地球が表示されたではありませんか。

ここまで来ると、航空写真ではなく衛星写真ですね☆

そして、仕掛けはこれだけではありません。

地球を指先でぐりぐり動かすと、夜のエリアが見えてきました。

宇宙から見た北アメリカ大陸の夜景。

人類のたくましさの象徴かもしれませんね。

なお、この昼夜のエリアは、ちゃんとリアルタイムに変更されます。

ちなみに、これは日本時間で朝5時半頃の地図。

日本はすっかり陽が昇っていますが、東南アジアあたりはまだ夜明け前です。

なんとも芸が細かいですね。

海外の都市が昼なのか夜なのかを知りたかったら、ある意味、世界時計よりもわかりやすいかもしれませんよ☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ