エンターテイメント 時速30kmで走るロボットが怖すぎる!iPhoneで遠隔操作も可能

時速30kmで走るロボットが怖すぎる!iPhoneで遠隔操作も可能

エンターテイメント

techjo編集部



iPhoneをリモコンとして使って操作するロボットオモチャを、今までもご紹介してきましたが、今日ご紹介するのは、なんと時速20マイル(約30キロ)という高速で走るロボットです!!

アメリカのRobotics Unlimitedというスタートアップ企業が開発。商品化をめざして、Kickstarterにて資金調達キャンペーンを開始したんです。

6本の長い脚を高速で動かす、まるで生き物のような【OutRunner】!

Kickstarterに紹介されている映像がこちらです☆

動画が見れない方はこちら→OutRunner

怖いですよね。動きも怖いですが顔もかなりインパクトがあります。これに追いかけられる夢を見そう…

しかし機能性はバツグン!なんと約2時間の連続走行が可能。開発者のこだわりは、やはりこの6本の脚だそうです!

車輪にしないことで、高速走行した場合にもバランスを保ち、芝生の上などの不安定な場所でも、スピードを落とさずに走れます。コーナリングも得意です!

専用リモコンもしくは、Wi-Fi対応アプリで遠隔操作が可能で、カメラも搭載しています。

オモチャとしての使い方だけではなく、ランナーを追いかけながらの、新しい撮影スタイルが実現しそうです☆

調達目標金額は、15万ドル(約1500万円)。

Appleだけではなく、GoogleもAmazonもロボット事業に注目している今日このごろ。iPhoneでこんなロボットが操作できるようになる未来は、そう遠くはありません☆

画像・参照元:Kickstarter

あわせてよみたい


あなたにおすすめ