iPhone設定・使い方・Tips 重要なメールや後で対応が必要なメールには“フラグ”をつけて管理しましょう♪

重要なメールや後で対応が必要なメールには“フラグ”をつけて管理しましょう♪

iPhone設定・使い方・Tips

みきしろ



皆さん、フラグは立てていますか?

『あのね…この戦いが終わったら、伝えたいことがあるんだ』

とか、そういう死亡フラグみたいな話ではなくて、メールアプリのフラグのことです。

一般的なメールアプリには、フラグと呼ばれる機能があります。

振り分けなどとは別に、個別のメールに一時的にマーク(フラグ)をつける機能のことです。
Gmailならばスターと呼ばれていますね。

重要だと思ったメールや、後で対応が必要なメールを区別することができるので、なかなか重宝する機能なんです。

当然、iPhoneの標準メールアプリにもフラグ機能は備わっています。
今回は、フラグ機能の基本だけでなく、より使いやすくするための設定小技もあわせてご紹介します。

メールにフラグをつける方法はとっても簡単。
該当のメールを開いた状態で、左下のフラグボタンから設定するだけです。

フラグがつけられたメールは、個別ページでも一覧でも確認することができます。
もちろん、同様の手順で簡単にフラグを外すこともできますよ☆

注意点として、このフラグ機能に対応していないメールもあります。
auのezweb.ne.jpのメールもこのひとつで、フラグボタンをタップしたときにフラグの項目が表示されません。

フラグがつけられたメールをまとめてチェックするには

せっかくフラグをつけても、大量のメールの中に埋もれて探せなくなっては意味がありません。

こうしたときは、いったんメールボックスに戻って「フラグ付き」の項目を確認してみましょう。
フラグのつけられたメールだけをまとめてチェックすることができます。

メールボックスに「フラグ付き」の項目が表示されていない場合は、「編集」から該当項目をチェックすれば表示されるようになります。

フラグのスタイルを変更するには

標準メールアプリでは、フラグのスタイルを2種類から選ぶことができます。
ただの色の付いた丸を表示する「カラー」と、旗の形をした「アイコン」です。

フラグとして設定するのですから、ここはやはりフラグ型アイコンにしたいとことですね!
[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[フラグのスタイル]から設定することができますよ☆

どのようなメールにフラグをつけるかは人それぞれですが、基本的かつとても便利な機能であることは間違いありません。
設定の小技とあわせて、ぜひご活用ください。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ