iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

年間100円で100GB(同期50GB+バックアップ50GB)のクラウドストレージが使える「IDrive」

アプリ2014/04/24

クラウドストレージサービスの「IDrive」アプリが、4月22日にアップデートされたことに伴って、iPhone/iPad/iPod touchからサインアップすると、なんと、年間100円で100GBのストレージを利用できるプランが提供開始されました♬

無料プランの場合のストレージ容量は、5GBとiCloudと同じですが、わずか年間100円で、ストレージ容量が100GBにまで、大幅に増量されるのですからビックリです!しかも、これは、初年度だけではなく、永年適用されるとのこと(ただし、99セントという表記のため、円では、今後の為替相場の変動の影響を受ける可能性はあります)。

正確には、100GBの内、50GBは複数のデバイス間でファイルを共有するための同期スペースで、50GBはバックアップスペースとなりますが、かなり自由度の高いプランなので、検討する価値はあります。

IDriveの主な機能は、次のとおりです☆

  • 連絡先、写真、ビデオ、カレンダーのバックアップと復元
  • 頻繁にアクセスするファイルを、複数のデバイスから使えるように同期
  • 1つのアカウントで、無制限のデバイスからアクセス可能
  • 必要なファイルのみをバックアップまたは復元
  • ファイルまたはフォルダの共有(パスワードの設定も可)
  • 写真とビデオを自動的にアップロード
  • 256ビットAES暗号化技術によりデータを暗号化
  • プライベートキーを設定してデータを暗号化
  • アプリのパスコードロック
  • 使用しない(あるいは、使用できなくなった)デバイスをアプリから削除

至れり尽くせりな感じですよね!

100円/年の有料プランに申し込むには、IDriveをインストールして、アカウントを作成した後で、アプリのホーム画面から手続きを行う必要があります。

まずは、アカウントを作成します。IDriveを起動したら、[Sign Up]をタップします。

次に、メールアドレスとパスワードを入力して、[Sign up]をタップします。
このとき、必要に応じて、[Private Encryption]をオンにして、プライベートキーを登録し、暗号を強くすることはできますが、このプライベートキーはどこにも保存されないので、忘れてしまうと、データを復元できなくなりますから、注意してくださいね。

これで、アカウントが作成されました。このままだと、無料プランを利用していることになり、ストレージ容量は5GBとなります。

[Home]をタップして、ホーム画面に移動します。

 

画面の一番下に、[Get 50GB for $0.99/year]というバナーがあるので、これをタップします。

 アップグレード画面が表示されるので、[Upgrade to IDrive Pro 50GB (¥100)]をタップします。

あとは、他のアプリで有料プランを購入するときと同じです。

写真やビデオを自動的にバックアップされるようにしておけば、万が一、iPhoneをなくしたり壊したりしてしまっても、大切なデータをなくさなくて済みますよね!その安心料が、年間100円なんてすごいですよね。

なお、このプランには、Andoridデバイスからも申し込めます(´ー`)

参照元:IDrive Blog

▼アプリのダウンロードはこちら

記事で紹介したアプリ

IDrive (Online Backup)
  • NAME:IDrive (Online Backup)
  • CATEGORY:仕事効率化,ユーティリティ
  • PRICE:無料

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

注目の記事
ページトップへ戻る