アップデート情報 デザイン一新!ドラッグ&ドロップでDropboxにもファイルをアップロードできる「Documents 5」

デザイン一新!ドラッグ&ドロップでDropboxにもファイルをアップロードできる「Documents 5」

アップデート情報

海老名 久美



Readdleの「Documents」は、MacのFinderや、Windowsのエクスプローラのように、iPhoneでドキュメントを管理できることで、従来から人気のあるアプリでしたが、このたび、iOS 7にマッチするようにデザインが刷新され、さらに便利な新機能も追加されて、メジャーバージョンアップ!

「Documents 5」となりました☆

しかも、ダウンロードは無料!です♪

まず、そのデザインですが、iOS 7に合わせたフラットデザインに変わりました。他のアプリが、続々とiOS 7に合わせたデザインになっていく中、iOS 7以前のデザインのままのアプリは、浮いた感じがしてしまうんですよね。他のアプリとの統一感が出て、いい感じです(´▽`)

そして、Douments 5では、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで簡単に移動できるようになりました!これだけでも、ファイルの整理がとっても楽になるんですが、DropboxやBoxといった、クラウドストレージサービスにも、ドラッグ&ドロップでファイルをアップロードできちゃうんです。

クラウドストレージのページに移動するためのアイコンは、画面の一番下のツールバーの真ん中(Wi-Fiアイコンのようなアイコン)なので、このアイコンにファイルやフォルダをドラッグします。

あとは、アップロード先を指定するだけ。

対応しているアカウントは、全部で12個。

  • Dropbox
  • Google Drive
  • Box
  • SugarSync
  • Office 365 SharePoint
  • Sharefile
  • SkyDrive
  • Huddle
  • WebDAVサーバ
  • FTPサーバ
  • SFTPサーバ
  • Windows SMB

私は、Dropbox、Google Drive、Boxをメインで使っているのですが、それぞれの専用アプリをいちいち開かなくても、Documents 5で一括管理できるので助かっています。

そして、フォルダ名に色を付けられるようになりました(カラータグ)。
ふだんMacを使っている人には、おなじみの機能ですが、パッと見て、フォルダを色で見分けられるのは便利ですよね。

さらに、従来からあるPDFビューア機能と、音楽や動画を再生できるメディアプレーヤー機能も、とっても使いやすいので、この機会に、ぜひインストールしておくことをオススメします(≧▽≦)

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ