アプリ LINEお天気 アプリとbotを使い分けるコツ

LINEお天気 アプリとbotを使い分けるコツ

アプリ

techjo編集部



LINEには天気を知らせるサービスが2種類あります。
ひとつは専用アプリの「LINE天気」。もうひとつはLINE公式アカウントの「LINEお天気」です。

この2つの情報元は同じですが、それぞれ特徴があります。

アプリ「LINE天気」は次の時間に更新されます。
 今日と明日の天気: 5時, 11時, 17時(3回/日)
 3時間毎の天気: 4時, 6時, 11時, 12時, 16時, 18時(6回/日)

通知機能も使えます。指定した曜日や時刻に今日または明日の天気を知らせることができます。ピンポイントの地域で雨が降りそうになったら通知する機能も便利です。

 一方、公式アカウント「LINEお天気」は天気情報を知りたい場所を返信すると、その場所の天気を返信してくれます。場所は文字以外にLINEの位置情報機能でもOK。「明日 東京」と送信すれば、明日の東京のお天気も知らせてくれます。

アラートは15分単位で指定した時刻に知りたい場所の天気を設定できます。午後6時以降は今日と明日の天気を知らせてくれます。

予報が変わったことを知らせる[天気変化アラート]を登録しておくと、天気予報が変わったことも通知されます。実際に使った感覚では、天気の変化はおおむね午前11時24分ごろと午後5時24分ごろに通知されますね。

設定は対話形式で行います。わからなくなったら[ヘルプ]と入力すれば詳しい設定方法を教えてくれますよ。

ちなみにわたしはアプリで雨予報をピンポイントで通知し、公式アカウントで自分が天気を知りたい時刻と変化の両方をアラートで設定しています。今日明日の天気がだいたい把握できるので重宝しています☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ