iPad設定・使い方・Tips iCloudを無料で使い続けるコツ

iCloudを無料で使い続けるコツ

iPad設定・使い方・Tips

techjo編集部



iCloudはiPhoneやiPadの設定やデータを保存できるとても便利なサービスです。
ただし、無料でデータを保存できるのは5GBまで。データ量が5GBに近づくと、ユーザーに「一部のデータを削除するか、ストレージを購入してください」というメッセージが届きます。そういわれて、ストレージを購入される方も多いでしょう。

でも、ちょっと待って。設定を少し見直し、不要なデータを削除し、別サービスを組み合わせるとiCloudを無料で使い続けることができます。

まず、管理しているストレージを見直します。iPhoneやiPadを機種変更したとき、複数のバックアップが登録されていることがあります。いま使っていないiPhoneやiPadのバックアップは削除しましょう。

02

続いて、不要なデータを削除しましょう。iCloudには、iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージも保存されています。写真つきでメッセージのやりとりをしている方は、これらを削除するだけでかなりの容量が確保できます。

それから、iCloudメールはごみ箱に注目。ごみ箱の中にたまっているメールを[すべて削除]してください。

実は、iCloudのメールは削除するとごみ箱に移動するだけでデータはサーバーに残ったままです。ごみ箱の中のメールを[すべて削除]してようやくサーバーからもメールが消えます。

カメラロールのバックアップもiCloudの容量を圧迫している原因のひとつです。写真や動画のバックアップはDropBoxやYahoo!ボックスなどの別のサービスを使い[カメラロール]はオフにしましょう。方法は[設定]→[iCloud]→[ストレージとバックアップ]→[ストレージの管理]をタップし、管理したいiPhoneを選びます。続いて[バックアップオプション]で[カメラロール]をオフにします。


これらを実践すれば、かなりiCloudに余裕ができるはずです!
iCloudの基本的な使い方を知りたい方は、記事「【iOS7】 よく聞くiCloudって何?どうしたら使えるの??」をお読みください。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ