iPhone News もう充電器はいらない?!スクリーンが太陽光パネルとなりiPhoneを充電する日がやってくる☆

もう充電器はいらない?!スクリーンが太陽光パネルとなりiPhoneを充電する日がやってくる☆

iPhone News

techjo編集部



iPhoneのある生活は、便利でウキウキ☆
でもその反面、日々充電との戦い!ではありませんか?
外出先で充電が切れてしまって、大変な経験をされた方、多いと思います。

そんなiPhoneユーザーのために、いろいろな充電グッズが販売されていますね。
iPhone女史でも、今までたくさんの便利アイテムをご紹介してきました。友達とバッテリーをシェアするケーブルケース型カード型コードレスタイプなどなど。

出典元:Clube Sanguebom/FOCAL POINT/kickstarter/buqutech

出典元:Clube Sanguebom/FOCAL POINT/kickstarter/buqutech

でも、こんな便利なアイテムがいらなくなる!?そんな夢のような生活が、まもなく訪れようとしています☆

SunPartner Technologies 社と、3Mにより共同開発された“Wysips® Crystal”は、とっても薄くて軽量なクリスタルガラスでありながら、なんと、【太陽光パネル】としての機能を持ち合わせているのです。

ということは、このWysips® CrystaがiPhoneに採用されれば、光がある限り、スクリーンが常にチャージしてくれるというわけ!!

参照元:Digital Trends

参照元:Digital Trends

約1時間光の下に置くことで、30分前後の通話可能なエネルギーを蓄えます。約100ミクロンという薄さも魅力的です!

また、スクリーンはとってもクリア♪だから、見づらくなることもなく、
ちょっとアングルを変えると、表面がキラキラと光るというから、覗き見防止にもなりそうです。

出典元:SunPartnerTechnologies

出典元:SunPartnerTechnologies


実は、このスクリーンは、数年前より開発が進んでいたそうですが、
このスクリーンに、Li-Fi通信という新たな高速光通信技術が採用されたと、1月初旬のCESというイベントで発表されたとのこと(1月19日のDigital Trendsの記事より)。
動画や写真、音楽などのデータ通信までもが、このとても薄いスクリーンで可能になるということは、本体をコンパクト化できる...ということにも、つながりそう☆

このスクリーンは、iPhoneだけではなく、タブレットやスマートウォッチ、などあらゆるデバイスに利用可能とのことです。

また、同じ技術を使ったWysips® Glassは、飛行機や車の窓ガラス、家屋や温室ルームに採用したり、
Wysips® Cameleonは、バス停や外灯、商用ディスプレイなどにも採用が可能とのこと。

出展元:SunPartnerTechnologies

出展元:SunPartnerTechnologies

充電するには、専用の充電器しか思いつかなかったし、
太陽エネルギーには専用のパネルが必要とばかり思っていましたが、、、
こんな技術が進歩したら、近い将来、小さな子供たちに「充電器って何?」と聞かれそうですね。

参照元:Digital Trends/Your next phone may charge and receive data through this incredible screen

あわせてよみたい


あなたにおすすめ