iPhone設定・使い方・Tips 【iOS7】iPhoneを紛失した!!に備えて「iPhoneを探す」をオン☆

【iOS7】iPhoneを紛失した!!に備えて「iPhoneを探す」をオン☆

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



いつも大切に肌身離さず携帯しているiPhone。そんなiPhoneですが、常に持ち歩いているだけに、紛失の危機とも隣り合わせ、というものですよね(;_;)

でも、さすがiPhone♪事前に設定さえしておけば、万が一iPhoneをなくしてしまっても見つけやすくする機能が備わっているのです☆

iPhone探しにもiCloudが大活躍☆

1.[ 設定 ]→[ iCloud ]へと進みます。

search_001

2.Apple IDパスワードを入力し、iCloudにログインをします。
 このとき[ このiPhoneのSafariデータ、リマインダー、カレンダーと連絡先をiCloudにアップロードして結合します。 ]という表示が出ますので、結合する場合は[ 結合 ]を、結合しない場合には[ 結合しない ]を選択します。

search_002

3.次に[ "iCloud"がこのiPhoneの位置情報を利用することを許可しますか? ]というポップアップが表示されますので[ OK ]をタップし、画面下の[ iPhoneを探す ]がオン(緑色)になっていることを確認します。

search_003

これでiPhone側の設定は完了!次に実際にiPhoneを探してみましょう☆

パソコンやお友だちのiPhoneを借りて探しちゃおう☆

1.パソコンやお友だちのiPhoneなどからiCloud(www.icloud.com)へ接続&サインインします。
 iPhoneから探す場合にはiPhoneを探すというアプリが必要なので、誰かのiPhoneを借りる場合には承諾を得てからダウンロードしましょう。
 ここではパソコンからサインインしてみます。

search_004

2.[ iPhoneを探す ]という項目があるので、クリックします。

search_005

3.Wi-Fiやモバイルデータ通信などの位置情報を使ってiPhoneの所在地が地図上に表示されますので、[ すべてのデバイス ]をクリックして探したい端末を選択します。

search_006

4.必要に応じて地図を拡大表示させ、iPhoneがすぐ近くにありそうな場合には[ サウンド再生 ]をクリックすると、マナーモードにしている場合でもiPhoneの警告音が鳴りますので試してみましょう。

search_008

iPhoneをすぐに取りに行けない…!

地図で確認し、iPhoneがある場所は大体見当がついたけれどすぐには取りに行けそうにない…などというときには、紛失モードに設定するのもオススメです。

1.iPhoneを探す画面を開いた状態で[ 紛失モード ]を選択します。

search_009

2.4ケタのパスワードを入力する画面が表示されますので、パスワードを入力します。

search_0010

3.iPhoneを拾った人が電話をすることができるよう、自宅の固定電話や勤務先の番号などを入力します。電話番号を入力したくない場合にはそのまま[ 次へ ]をクリックして次のステップへ進みます。

search_0011

4.紛失中のiPhone画面に表示するメッセージを入力し、[ 完了 ]をクリックすることで、iPhoneを拾った人がメッセージを読むことができるようにすることができます。

search_0012

後は拾ってくれた人が連絡をしてくれるのを待ちましょう…。

iPhoneが戻ってくる可能性が薄い場合の対処法

さて、iPhoneが戻ってくる可能性が低い場合、心配なのはiPhone内に保存されているデータを誰かに見られてしまうことです。

そんな時には思い切ってデータを削除してしまうのがオススメです。

1.iPhoneを探す画面のまま[ iPhoneの消去 ]を選択すると[  〇〇〇(デバイス名)を消去しますか? ]のメッセージが表示されますので、消去を選択する場合には[ 消去 ]をクリックします。
 消去を選択するとすべてのコンテンツおよび設定が消去され、その後位置情報を元にiPhoneを探すことができなくなるので注意が必要です。

search_00133

貴重な情報がたっぷり詰まったiPhone。

紛失しないことが一番ですが、万が一の場合には、今回ご紹介した機能を試してみてくださいね♪

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ