お役立ち ホーム画面に貼れる付箋紙メモから長文、添付ファイルを開く方法―「アイコンメモ」にEvernoteを紐付けて長文メモをスッキリ整理

ホーム画面に貼れる付箋紙メモから長文、添付ファイルを開く方法―「アイコンメモ」にEvernoteを紐付けて長文メモをスッキリ整理

お役立ち

techjo編集部



以前、ホーム画面に付箋紙メモを貼れる「アイコンメモ」をご紹介しました。

00

「アイコンメモ」はホーム画面に付箋を貼る感覚でメモを書き込める便利なアプリです。アイコン内の文字の大きさはピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小できるので、かなりの長い文章も書きこめます。

ただし、「アイコンメモ」に長文を書き込むと読みにくいし、見ため的にイマイチです。
そこで、Evernoteとの連携ワザを使いましょう。書きたい文章はEvernoteへ移してアイコンをスッキリさせるのです。

必要なアプリは「アイコンメモ」「Evernote」のふたつです。
事前にEvernoteのユーザー登録を済ませておきます。

01

まず、「アイコンメモ」での作業です。

アイコンをつくるときに[Evernoteリマインダーと同期]をONにします。それ以降は、ホーム画面に付箋紙メモを貼れる「アイコンメモ」にあるように、アイコンにメモを書き込みます。

02

実際に長文でアイコンメモをつくってみました。内容は開けば確認できますが、少々見にくいです。

0304

 そこで、アイコンメモをタップして開き、画面内にあるEvernoteのボタンをタップ。要点だけ残して、残りの文章をコピーしたら[Evernoteで開く]をタップします。

すると、Evernoteのアプリが自動的に開きます。
(はじめて連携するときは、Evernoteアプリでの確認作業が必要です)

 07

作成したアイコンメモと紐付いたEverenoteのノートが自動的に作成されます。

そのノートの中に長文をペーストしましょう。これで、見た目はスッキリ!かつ、書きたいことは逃さず書いたメモの完成です。

Evernoteのノートには文章以外に図や添付ファイルを貼ることもできます。ぜひノートを書き足し、内容を充実させてくださいね!

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ