お役立ち iOS7の近距離通信”iBeacon”が、来年のワールドシリーズをさらに盛り上げる☆

iOS7の近距離通信”iBeacon”が、来年のワールドシリーズをさらに盛り上げる☆

お役立ち

techjo編集部



近距離無線通信"iBeacon"は、新たな機能としてAppleが公式に採用したことで注目されています。そして、私たちの日常生活を大きく変えるかも!!と期待が高まっているんです。

iBeaconは、簡単に言うと室内用GPSのようなもの。Estimote社が開発したセンサーを使って、人の動きを感知。店舗など限られた場所で、顧客1人1人にあった商品やサービス情報をiPhone上で提供します。

利用イメージはこちら♪なんだか子どものころに見た「未来の生活」みたい。

そして実用化に向けてプロジェクトを開始したのが、AppleとMLB。

メジャーリーグスタジアム内のあちこちに、iBeaconを設置。アプリと連動させ、来場者のiPhoneで、地下鉄出口から席までの誘導したり、お店の前を通るだけでクーポンを発行したり、自動決済したり、PR動画を自動再生したり...。

9月にニューヨークのCiti Fieldでデモを行い、2014年のシーズンに間に合うように準備を始めました。いずれは、全米のスタジアムで採用することを目指しています。

参照元:Mashable

参照元:Mashable

こんなサービスがあれば、あまり野球観戦に興味がなくても、地元でも旅行先でも、お得に食べたり飲んだり、買い物したり。会場内で迷子になることもないし、スタジアムでコンサートイベントが開かれた時も、今まで以上に楽しめそうです♪

来年のワールドシリーズ、今年以上に盛り上がりそうですね!

出典元:Mashable

あわせてよみたい


あなたにおすすめ