iPhone設定・使い方・Tips 祝iOS7登場☆注目のカメラ・写真機能をiOS6と徹底比較(後編)

祝iOS7登場☆注目のカメラ・写真機能をiOS6と徹底比較(後編)

iPhone設定・使い方・Tips

あいこうら



もうiOS7デビューはお済みですか?
前回はカメラ機能について紹介しましたが、今回は撮った写真を楽しむ機能をチェックしていきます。
「iOS7に慣れない」「まだアップデートしていない」という女史の皆さん、要注目です!

近くにいる相手と写真のシェアが簡単スムーズ!

「撮ったその場で友達や家族に写真をあげたい!」そんなときに便利なAirDrop機能がiOS7に追加されました。
AirDropに対応したiPhone同士なら、インターネット環境にいなくても写真のやりとりができます。

IMG_0126

転送されるデータは暗号化されるのでご安心を☆

IMG_5038IMG_5041

複数の写真もすばやく相手に送信できるし、受信の確認もできるから失敗がありませんよ。

IMG_5042

※AirDropはiPhone 5以降、iPad(第4世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)で利用できます。iCloudアカウントが必要です。

「写真」「共有」「アルバム」で目的別に分類!

iOS6では、「アルバム」「フォトストリーム」「撮影地」で分類されていました。

IMG_0100

iOS7では、「写真」「共有」「アルバム」に変わりました。

IMG_0114

「アルバム」はほとんど変わりませんが、iOS7には自分のフォトストリームが加わりました。

IMG_0099IMG_0131

共有のフォトストリームは、iOS7では「共有」から確認します。

IMG_0097IMG_0117

アクティビティが追加されて、フォトストリームへの参加や写真の追加などひと目でわかるようになりました。

IMG_0104IMG_0115

では、iOS6にあった「撮影地」はどこへいってしまったのでしょう!?

IMG_0098

iOS7には、すべての写真や動画を撮影日と撮影地で分類表示する「写真」があります。
ここで撮影地別に写真を確認することができます。

IMG_0112

連絡先にある住所と一致すると、その登録名で分類されます。

IMG_0120IMG_0123

iOS7では、写真や動画をまとめて見たいときは「写真」、フォトストリームで共有した写真を見たいときは「共有」、カメラロールなど特定の写真や動画を見たいときは「アルバム」と用途に応じて使い分けられますね。

iPhoneにある写真や動画をまとめて撮影日・場所で分類表示!

カメラで撮った写真も、PCと同期した写真も、自分のフォトストリームの写真も、iOS7ならぜーーーんぶ「写真」タブからまとめて見られます。もちろん動画もOK!

0102

枚数が多いと目的の写真が見つかりにくい・・それは、これまでのiOS6のお話です。

0304

iOS7では、ただ撮影日順に並べるのではなく3段階に表示を分けています。

撮影年で分類した「年別」

05

一定の期間と場所で分類した「コレクション」

06

一定の時間と場所で分類した「モーメント」

07

これならもう写真が迷子になることはありませんね。

共有連携が充実して使いやすい!

iOS6は9種類の共有連携機能がありました。

0809

iOS7は、先に紹介した「AirDrop」だけでなく「Flickr」「Vimeo」など追加されて14種類にパワーアップ!

1011

写真や動画も選びやすくて操作性バツグン!
どんどんシェアしたくなりますね。

動画とパノラマ写真の自動アルバム化

iOS7では、動画を撮影すると「ビデオ」というアルバムが作成されます。

12

自動的に動画だけ抽出されるから、あとで確認したいときにとっても便利!

13

パノラマ写真も同様に、自動でアルバムが作成されます。

14

この「ビデオ」「パノラマ」アルバムは、名称を変更したり削除することはできません。
また、「ビデオ」「パノラマ」アルバムからデータを削除すると「カメラロール」からも削除されるのでご注意くださいね。

15

新しく生まれ変わったiOS7のカメラ・写真機能はいかがでしょうか?

これまで標準のカメラ・写真アプリを使っていなかった皆さんもiOS7では劇的に変化しているので、ぜひ試してみてくださいね。その便利さ楽しさにハマってしまうかも!?

あわせてよみたい


あなたにおすすめ