アプリ スピード感が癖になる☆「とり人間」になって空をぐんぐん飛んでいくゲーム

スピード感が癖になる☆「とり人間」になって空をぐんぐん飛んでいくゲーム

アプリ

techjo編集部



1977年から琵琶湖で開催されている夏の風物詩と言えば「鳥人間コンテスト」ですが、実際に長~い距離を飛ぶのは至難の業ですよね。

「空を飛びたい!」なんて、人間ってどこまでも欲深い生き物だなぁと思ったりしますが、アプリならそんな欲求も満たすことができちゃいますよ。

1

ゲームアプリ「とり人間」は、まさしく自分が「とり人間」になって空を飛ぶゲーム。

飛んでくるカラスをよけながら、ハートや星のアイテムをゲットしつつ、できるだけ遠くまで飛んでいくのがこのゲームの目的です。

操作方法はいたってシンプル。画面をタップすると空を飛び、画面に指が触れている間は上昇します。

星のアイテムをゲットするとスピードアップするうえに無敵になるので、カラスにぶつかりながらその間に飛距離を稼ぎましょう。

スタミナが切れたり、海に落ちたらゲームオーバーです。

想像以上にスピード感があって、癖になりそうな「とり人間」ゲーム。退屈な移動中に利用するのもオススメですが、電車を乗り過ごさないよう気をつけて!

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

あわせてよみたい


あなたにおすすめ