iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

デジカメで撮った写真をLightningコネクタのiPad/iPad miniに転送する「iPad 用 マルチカメラリーダー for Lightning」

iPadアクセサリー2013/03/15

Appleから発売されている「Lightning - SDカードカメラリーダー」があれば、デジカメで撮った写真をSDカードからiPadに転送できます。コレを購入する予定だったのですが…。次男の誕生日プレゼントに購入したカメラが防水仕様の二重蓋のためSDカードを取り出すのが面倒だったので、カメラとiPadをケーブルで直接つなぐタイプの「Lightning - USBカメラアダプタ」も視野に入れて検討していました。 ネットで調べてみると日本トラストテクノロジーから販売されている「iPad 用 マルチカメラリーダー for Lightning」はSDカードスロットとUSBコネクタの両方があり、上記2つの純正アダプターの役目をひとつで兼用できるということで、便利そうなので購入してみました☆
ご覧の通り、このアダプターにはUSBコネクタ、SDカードスロット、さらにマイクロSDカードのスロットがあります。

iPad側はもちろん、Lightningコネクタです。

iPad miniに装着したところです。大きさはそこそこありますが、軽いので持ち運びに邪魔になるようなことは無いと思います。

カードスロットにカードを挿入すると、写真アプリが立ち上がります。

USBコネクタでケーブルを介してカメラにつなぎ、カメラの電源を入れたときも同様です。

カード内の全ての画像を読み込む時は、「すべてを読み込む」をタップします。

選んだ画像だけを読み込むこともできます。

読み込みが終わったら、カード内の画像を「削除」または「残す」を選びます。

パソコンに未整理のデジカメ写真がたまる一方という方、パソコンに入れる前にいったんiPadに読み込み、空き時間にピンボケなどの不要画像を削除して整理しておくとイイですよ☆ iPhoneに写真を取込むためには「Eye-Fiカード」や「AirStash」を利用していましたが、iPad(やiPad mini)ならカードリーダータイプが断然楽で速いです♪ 今回はひとつでカードスロットとUSBコネクタを持ち、しかも値段が安い「iPad 用 マルチカメラリーダー for Lightning」を試してみましたが、目的を果たすことができ、大満足です。 ただしLightningコネクタには認証チップが内蔵され、Appleのライセンス認証を受けていないアクセサリーはこのまま使い続けることができるかどうかわかりません。純正以外の認証アクセサリが増えてきて、いろいろ選べるようになるまでしのげるといいのですが…。 本体サイズ:約 横51mm×縦31.5mm×厚み11mm (突起部含まず) 重さ:約11g カラー:ホワイト 対応機器:Apple iPad Retina(4th)・iPad mini iOS 6.1.2 動作確認済み ※将来的にリリースされる、すべてのiOSバージョンへの対応を必ずしも保証するものではありません。 ※iPadをケースに入れた状態では使用出来ません。必ずケースから出してご使用下さい。 リンク:日本トラストテクノロジー
注目の記事
ページトップへ戻る