iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

ライフタイマー| 限られた時間を直感的に把握して、効率よく使おう♪

アプリ2013/02/14
ライフタイマー
「仕事をダラダラとしてしまう人」「残業が多い人」「夜更かしをしてしまう人」「遅刻が多い人」。そのような生活から抜け出したい人向けに開発されたカウントダウン・タイマーアプリが「ライフタイマー」です。◯◯まで「あと◯時間◯分」という残された時間が一目で分かり、時間を無駄にできなくなります。自分に使える時間があとどのくらいかわかれば、重い腰をあげる行動のきっかけになります☆

 
アプリの効果は、次のように書かれています。

つまり、常に「時間」を意識して行動する。そうすれば集中力が高まり仕事を効率よくこなせるので、余裕が生まれる。そして、その余裕をもっと自分のために使える、ということでしょうか。 わかっていてもなかなかできない(上手くいかない)部分ではありますが、「ライフタイマー」を設定すれば、その「時間」への意識をサポートしてくれます。 まずはスタートボタンから、自分の生活について設定します。 Facebookアカウントを使用してログインすると、Facebookのイベントと同期できます。

step2で生年月日など、step3で生活サイクルを登録。 学生さんなどは「始業・終業時間を表示しますか?」の項目を「OFF」にしておきましょう。

step4で休日とお知らせ通知の設定をします。 これで「完了」>「はじめる」をタップして、設定完了です。

「次の休日まで」や「次の誕生日まで」といったデフォルトの項目のカウントダウンがはじまります。 いろいろな項目で「あと◯時間◯分」というのが一目でわかるので、常に自分に残された時間を意識できますね♪

上部に「新規」ボタンがあり、自分の生活スタイルに合わせた項目も登録可能です。 「始業・終業時間」の項目を「OFF」にした学生さんなどは、学校や授業という項目をカスタムで作ることができます。

仕事や課題の締め切りを登録すれば「そろそろ始めなきゃ」とスイッチが入るだろうし、時間に余裕ができてくれば慌てずペースダウンできます。 「LIVE」や「スポーツ」などのカテゴリーを登録し、ライブ当日までにそのアーティストのアルバムを聴き返してみたり、ゴルフのラウンドまでに練習場に行ったりと、モチベーションをあげていくのも良いでしょうね♪ 60才や80才まであとどのくらいか登録しておくと、今までと違った長い目で人生を見つめることができるかもしれません。

仕事にも遊びにも「ライフタイマー」を活用して、自分の時間をもっと上手に使えるようになるといいですね!

i Tunes Store へ

 

注目の記事
ページトップへ戻る