iPad 世界の有名デザイナーやセレブが寄付したアートワークを使った、とってもおしゃれなiPad miniケース「Whatever It Takes プレミアムフォリオケース」レビュー

世界の有名デザイナーやセレブが寄付したアートワークを使った、とってもおしゃれなiPad miniケース「Whatever It Takes プレミアムフォリオケース」レビュー

iPad

Konbu



やっと届きました! iPad miniケース♪ 私が「Whatever It Takes プレミアムフォリオケース Dame Vivienne Westwood」を注文したのは、iPad miniの発売前。もちろんまだ売られておらず、手に取って見ることはできませんでした。そしてネットでもあまり情報が無かったのですが、一目惚れしてしまったからしかたありません! すぐに注文し、首を長〜くして届くのを待っていました☆ そしてやっと到着し、さっそく使ってみたのでレビューしたいと思います♪
  「Whatever It Takes プレミアムフォリオケース」は、合皮素材の二つ折りケースです。 iPad mini用のデザインはColdplay、Katy Perry、Penelope Cruz、Charlize Theron、Dame Vivienne Westwoodの合わせて5種類があります。 色はKaty Perry、Penelope Cruz、Charlize Theronがかわいいと思ったのですが、ピストルズをプロデュースしたパンクファッションの女王「Dame Vivienne Westwood」のイラストを選びました♪

iPad miniケースのデザインを提供しているのは、ロックバンドにミュージシャン、女優、デザイナーと様々なジャンルの有名人ですが、そもそも "Whatever It Takes"とは?
"Whatever It Takes"とは世界規模のチャリティー団体が21世紀の希望の象徴として立ち上げたブランドで、世界的に影響力のあるファッション、映画、テレビ、音楽、スポーツなど各界の著名人600名以上が寄贈したデザインアートワーク製品を販売することにより、その収益の一部を貧困や環境問題に対し貢献する各プロジェクトへ寄付するキャンペーンを行っています。(Princeton商品情報ページより)
ということで英語のWhatever It Takes 公式サイト にて、今までの活動の様子を確認できます。 今回はケースと一緒に、スタイラスペンを購入しました☆ ペンがしっかり箱入りなのに比べて、ケースのパッケージはビニールに入れただけの簡素な物。

パッケージの中にも、"Whatever It Takes"の説明書きが封入されています。

今回、ネットで一目惚れして購入。開封するまでどんなものかもわからないという冒険をした訳ですが、見た目は、まあ、値段なりだったかなという印象です。素材は合皮(PUレザー)なので特に高級感はありません。しかし本体を守るためのケースが高級な物だったら、ケースを守るケースも要るかも?? ガシガシ使う予定なので、充分です♪

表面の手触りは、なかなか良好。つや消しになっていてツルツルしていないので、滑りにくいと思われます。写真だと光のせいでオレンジっぽく見えてしまうのですが、実際の色は茶色。シックな中に、 Dame Vivienne Westwoodのイラストが生えます。

ケースを開いたところです。iPad miniの四隅に引っ掛けるゴムが付いています。

内側の素材はスエード調というのかヌバック調というのか、滑りにくくてザラザラしています。とても柔らかいので、iPad mini本体を優しく守ってくれることでしょう。

iPad miniの四隅にゴムを引っ掛けて、さっそくケースを付けてみます。

ケース自体の厚さは、ハードカバーの本の表紙よりも薄いし、軽いです。感覚的には、手帳のようです☆ 背面にはカメラの穴もあいています。

iPhoneやiPadのケースを選ぶポイントは、十人十色。今回ご紹介した「Whatever It Takes プレミアムフォリオケース」は、機能性や高級感のあるものを求めている方にはオススメできません。しかしこのデザインを気に入った方、デザインを提供しているアーティストや"Whatever It Takes"のアティチュードに賛同する方にはオススメします。可愛くてどこへ行くにも持ち歩くiPad mini、さらに愛着が湧くこと間違い無しです!
Whatever It Takes プレミアムフォリオケース

Whatever It Takes プレミアムフォリオケース

あわせてよみたい


あなたにおすすめ