iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

iPhoneをWi-Fiルーターに!au iPhone 5で早速テザリングを試してみました!

iPhone設定・使い方・Tips2012/10/01

ついにゲットしたau iPhone 5!auのiPhone 5ではテザリングができるというのが魅力ですよね。ゲットして早速試してみましたよー! これでWi-Fiモバイルルーターを持ち歩かずともiPhone 5を持っていればいつでもどこででもノートPCやWi-FiモデルのiPadでインターネットが利用できます。 ...ところで、テザリングって何??という方もいるかと思いますので、今回はテザリングとは、そして実際にテザリング利用までの設定から実践までを書いていきます。au iPhoneユーザーの参考になればと思います。

▶テザリングとは!?

PCやタブレットなどのデバイスをWi-FiやBluetoothでiPhone 5と接続して、いつでもどこででもインターネット接続を実現する機能です。

iPhone 5 をWi-Fiルーターのように使用するということ。今まで iPhone + ノートPC + Wi-Fiルーター を持ち歩いていたのが、iPhone + ノートPCだけでOK!これがiPhone 5 でテザリングができる最大のメリット! テザリング中に着信があった場合、通話が優先されますが、通話終了後は自動的にデータ通信が再開されます。

▼ まずはiPhone 5側での設定!

iPhoneの「設定」アプリからデザリングを可能にする為に必要な設定を行います。といっても、とても簡単です。笑

設定 >> インターネット共有 >> インターネット共有を“オン”

iPhone 5での設定はたったこれだけです!簡単ですね♪ ちなみにその下にある「“Wi-Fi”のパスワード」はiPhone 5のインターネットに接続したいデバイス側で必要になるパスワードです。

※“インターネット共有を設定”という表示がありタップしても接続できないという状態の場合はコチラの記事を参考にしてみてください。解決方法が紹介されています。

▼ 接続させたいデバイス側での設定!

上記の設定をした後、デザリングを使用するデバイス側の設定が必要です。今回はiPhone 4Sで試してみました。 [iPhoneの場合]  設定 >> Wi-Fi >> “iPhone”を選択 >> “Wi-Fi”のパスワードを入力

接続がスタートし数秒後にはステータスバーのWi-Fiマークがテザリング中のリングマークに切り替わりました!

iPhone 5の画面には「インターネット共有:1台接続中」と表示されています。もちろん、この状態で他のアプリを使用することもできます。

※ Wi-Fiネットワークの一覧に“ iPhone ”と表示されていますが、名称は自由に変更が可能です。変更方法も簡単です。  設定 >> 一般 >> 情報 >> 名前を変更

今回はiPhone 4Sで試してみましたが、もちろんMacでも同様です。 実際にテザリングを試してみて繋がった時はとても感動的でしたー!ただ、残念なことに今回のテザリングの検証は自宅で行っており、自宅エリアはLTEサービスの対象ではなかったので速度的には感動的ではなかったです。笑 でも、多数のサイトを拝見していると、やはりLTEサービスエリアではかなり速度も早く快適なテザリングを実感できているようです。 >> 各地域のLTEのサービスエリアの検索はコチラ 熊本では市内でも中央区と東区、そしてその他には八代市・荒尾市・合志市・菊池郡菊陽町だけなんです。早くもっとLTEエリアを拡充してほしいです!

注目の記事
ページトップへ戻る