アプリ iOS 6 新機能【マップ】シンプルなデザインに一新されたマップは音声案内でナビゲーションしてくれます。

iOS 6 新機能【マップ】シンプルなデザインに一新されたマップは音声案内でナビゲーションしてくれます。

アプリ

Saori



今までのiOS 5以前で搭載されていたGoogleマップとは違いApple独自のマップにチェンジしたマップは、シンプルなデザインに一新されました。ルート案内機能が搭載され目的地までを音声でナビゲーションしてくれます(siri機能対応の場合)。

アプリを閉じていても通知センターで曲がり角をお知らせしてくれるなど、Yahoo!ロコの情報が追加されています。

iOS 6へアップデートではこのように表示が変わりました。左画像がiOS 5以前のマップアプリ、右画像がiOS 6のマップアプリです。

右下からページをめくって、「地図+写真」「航空写真」での表示を切り替える事ができます。渋滞状況は日本ではまだ未対応のようです。

期待していた3Dビューですが、現在ではまだ日本での利用は未対応のようです。そして航空写真は全体的にモノクロ的なイメージになっています。

こちらはiPhone4での画像です。

iPhone 4Sでは3Dのボタンが表示されています。

ちなみに、東京都庁を見てみるとこのようにちょっと立体的に表示されることが確認できます。

「東京都庁 >」からの情報では、Yahoo!ロコの提供で場所の詳細が確認できます。

続いて、検索機能を使って目的をまでの経路を検索します。

車モード「出発」ボタンから進行経路を案内してくれます。iPhone4SではSiri機能から音声案内のサービスが開始されます。iPhone 4S以前のiPhoneでは音声案内に対応していませんでした。また、左下にある一覧表示切り替えボタンからは、

目的地までのルートのポイントを一覧で確認できます。

公共交通機関から検索すると、ナビゲーションアプリからの検索へ切り替わります。が、指定した場所がアバウトすぎると検索されない場合があります。

Googleマップと比べると店舗情報や物件名が乏しく、あるはずの道が無かったりと不便さも感じられます。今後のバージョンアップに期待したいところですね。

標準マップとあわせてこちらのマップアプリもどうぞ☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

※ Androidアプリは上記iPhoneアプリとはアプリ名称、金額など内容が異なる場合があるのでご注意ください!

あわせてよみたい


あなたにおすすめ