iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

iPhone Tips|超簡単! iPhoneのカレンダーに「天気予報」を表示する方法。ついでに映画の劇場公開予定も登録してみました♪

iPhone設定・使い方・Tips2012/09/07
いよいよ9月、朝晩の涼しい風や虫の声に、秋の気配が感じられるようになりました。秋は各所で運動会が開かれたり、行楽シーズンでもあることから、天気予報がとっても気になるのではないでしょうか? そこでiPhoneの標準カレンダーに、天気予報を追加する手順をご紹介します。スケジュール確認のついでに天気もチェックできるるし、なかなか便利です♪

ネット上には、iCalで作成した様々なカレンダーが公開されています。iPhoneのカレンダーはそれを登録して、照会する形でいつでも最新の情報を取得できます。 例えば日本の祝日。これはAppleのサイト にあります。iPhoneでこのページにアクセスして、「ダウンロード」をタップ。照会しますか? とポップアップが出たら「照会」、そして最後に「完了」を押すだけです。

さて、今回登録するのは、「iCal天気 - Weather Hacks - livedoor 天気情報 」のデータです。 まず「iCal天気 - Weather Hacks - livedoor 天気情報 」にアクセスすると、地名がズラリ並んでいます。天気予報の欲しい場所の「webcal方式」をタップし、あとは先ほどと同じ「照会」→「完了」です!

カレンダーアプリを開いてみると…。今日から一週間の天気予報、予想最高/最低気温が同期されます。気温の表示は、今のような季節の変わり目には嬉しいですね♪ 朝、カレンダーで予定を見る時に服装を考慮できます。 タップしてURLを踏むとSafariが起動して、更に詳しい情報を確認できます。

こんな風に公開されたデータをカレンダーに同期できるので、映画の好きな方なら「映画.com」の劇場公開予定スケジュール を登録してみてはいかがでしょう。こちらは「webcal」方式ではないのでURLをコピーしてiPhoneの設定画面で貼り付けします。 まずはURLをコピーします。

iPhoneの設定を開き、「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「その他」と進みます。

「照会するカレンダーを追加」を開いたら、「サーバ」の欄に先ほどコピーしたものを貼り付けて、右上の「次へ」をタップします。

確認が終わったら、保存して完了です!

カレンダーに映画の公開予定が追加されました。タップするとメモ欄に入っている「あらすじ」を読めます。

カレンダーの表示は、チェックでオンオフ切り替えできます。同期だけしておいて普段は非表示、必要な時だけ見るという使い方もできるので、スケジュール確認の邪魔にはならないでしょう。

野球やサッカーなどスポーツが好きで、お気に入りチームがある方は「日刊スポーツ 」のサイトへどうぞ。チームの試合日程を「iCal方式」で公開しているので、上と同じ方法でカレンダーに登録できますよ☆

実は自分の仕事のスケジュールも家族の予定も、全てGoogleで天気予報しています。iPhoneでは「Pocket Informant 」というスケジュールアプリを使ってGoogleと同期、家族の予定を確認しています。 そんな訳でiPhone純正のカレンダーは、今まで使っていませんでした。しかし色々調べていると、「参照」という機能が便利なことがわかり、天気や映画情報を登録してみたというわけです。自分のスケジュールとは切り離した「情報源としてのカレンダー」という使い方も、面白いのではないでしょうか。 もちろん純正カレンダーでスケジュールを確認している方も、天気予報を見ることができるのは便利ですよね☆他にも「こんな便利なカレンダーがあるよ!」というのをご存知でしたら、ぜひ教えてください♪
注目の記事
ページトップへ戻る