アプリ iPhone版Facebookアプリの使い方、公開範囲からプライバシー設定を見直そう!

iPhone版Facebookアプリの使い方、公開範囲からプライバシー設定を見直そう!

アプリ

techjo編集部



すごい勢いでFacebookユーザーが増えています。特に最近、PCではなくiPhoneオンリーでFacebookをやっている友達が多く、よく質問を受けるので「iPhoneからFacebookのプライバシー設定を管理する」方法などアプリの使い方を紹介します。

Facebook 4.1.1(無料)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
販売元: Facebook, Inc. - Facebook, Inc.(サイズ: 11 MB)

Facebookの公開範囲について知る

Facebookは近況やチェックイン、写真や動画の共有の際に「共有範囲」が各投稿ごとにきめ細かに設定できます。ただこれがややこしいのでよく分かってない方が多いのも事実です。

投稿の下部に表示されたポスト時間の横に小さなマークがあるのですが、それで公開範囲が分かります。上記の投稿は「地球マーク」が表示されています。

マークによる共有範囲の違いは上記のとおりです。地球マークは「全体に公開」なので、上の方の投稿はインターネット全体から見えているということになります。公開の事実を理解したうえならいいのですが、友人などと写った写真をうっかり全体公開してしまう場合もあるので注意が必要です。 これを機会にぜひ、自分や友達の投稿の「共有範囲」を確認してみましょう。
投稿の際に共有範囲を指定する

Facebookアプリからの投稿時に、右のアイコンから共有範囲を指定できます。慣れれば便利なのですが、デフォルト設定が「公開」になっている場合もあって知らずにじゃんじゃんプライベートな投稿をダダ漏れしている場合があるので、投稿時にこのマークをチェックしてみてください。 デフォルト設定を「友達のみ」に変更する方法は以下に書きます。

アプリからプライバシー設定を変更する

アップデートにより、アプリからプライバシー設定をきめ細かに管理することができるようになりました。ぜひ一度、設定を見直すことをおすすめします。

設定へのアクセスは簡単。左メニューを開き一番下のほうにあります。

設定を押すと上のポップアップが出るので「プライバシー設定」を選択します。

デフォルト設定を変更する

ここが「公開」になっている場合、「友達」のみ、または「友達の友達」に変更したほうがいいと思います。そうすれば、近況シェアなどの場合いちいち共有範囲を指定しなくても「友達」または「友達の友達」までにしか見られない投稿をすることができます。うっかり公開のリスクがなくなるのでおすすめです。

投稿範囲の指定は上記の4種類から選択できます。

つながり設定を変更する

つながりの設定では主に、まだFacebookでつながっていない新しい友だちとのつながり方を設定できます。 「知らない人から友達リクエストが多く来て困る」という方はこの3番目項目「あなたに友達リクエストを送信できる人」の設定を「友達の友達」に変更すればいいと思います。

1番目と2番目は、まだ友達じゃない人があなたを検索で探す場合の設定を変更できます。4番目はメッセンジャーでメッセージを送ることのできる人の範囲を指定できます。知らない人からメッセージを受けとりたくない場合、ここの範囲を設定し直すことができます。

Facebook個人情報の共有範囲を変更する

ここでは、Facebookで公開しているあなたの個人情報の公開範囲を指定できます。特に住所や電話番号は大切な個人情報なので、しっかりと設定しましょう。

上記のデータの共有範囲を指定できます。間違ってもこの項目は「公開」にしないほうがいいでしょう。

タイムラインとタグ付けに関する設定を変更する

デフォルトでは、自分のタイムラインに友達が投稿できるようになっています。誕生日などは自分のタイムラインに祝福コメントが溢れて嬉しかったりしますが、普段の会話などを頻繁に投稿されるのも困りますよね。その場合は「あなたのタイムラインに投稿できる人」を自分のみにすることも可能です。

特に重要なのが下3つの「タグ付けに関する設定」です。 タグ付けは、一緒に写った写真やチェックインの際などにとても便利なのですが、いつもタグ付けされていい状況の人は少ないと思います。上司や同僚に見られたくない投稿へのタグ付けなどは、仕事に支障をきたす場合もあります。そんな予期せぬ不意のタグ付けから身を守るためには、この項目の設定がとても大事です。

上から3番目の「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」をオンにしておけば、誰かがあなたをタグ付けした場合に、掲載するか確認することができます。これで都合の悪いタグ付けを選別できるようになります。

アプリとウェブサイトに関する設定を変更する

ここでは、コネクトしているアプリとウェブサイトのプライバシー設定ができます。3番目の「一般検索」はGoogleなどの検索エンジンに自分のタイムラインのプレビューを掲載するかどうかの設定ができます。(つながりの設定で氏名を検索できる人を「すべてのユーザー」にしている場合にこの項目は編集可能になります)

過去の投稿の共有範囲を変更する

この項目は、共有範囲を「公開」または「友達の友達まで」で投稿していた過去の投稿をまとめて「友達」までの範囲に変更します。問答無用で一気に投稿範囲を変えるので最後の手段的な項目です。

ブロックしているユーザーとアプリに関する設定を変更する

この項目では「ブロック」に関する設定ができます。すでにブロックしているユーザーの解除と、新しくブロックしたいユーザーの追加を行えます。Facebookのブロックはかなり優秀なので、ここ1番に使用して気持ちよくFacebookライフを送りましょう。 ひととおりのFacebookのプライバシー設定方法を見ていきましたが、アプリ内の設定項目は、ある程度分かりやすく説明が書いてあるので、面倒ですがひとつずつやればだいたい理解できる内容だと思いました。 実名主義の閉鎖的なソーシャルだからこそ、ちゃんとプライバシー設定を見なおして安心して利用したいですね。 この記事もおすすめです。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ