iPhone設定・使い方・Tips Siriの使い方解説♪ 導入から設定、頼み方と学習方法、便利な使い方やセキュリティの注意点まで

Siriの使い方解説♪ 導入から設定、頼み方と学習方法、便利な使い方やセキュリティの注意点まで

iPhone設定・使い方・Tips

techjo編集部



音声アシスタント「Siri」みなさん使っていますか?編集部でもあれこれ使い方を調べてみました。ここで今さら聞けないSiriの基礎知識ついて、まとめてみました。

Siriを使えるようにする

[設定→一般→Siri]と進みます。右の画面から、Siriをオンにします。最初は「言語」が英語になっている場合があるので日本語に変えます。声質は女性・男性のどちらかを選択できます!

自分の情報」でアドレス帳に入っている自分の名前を選択しておくと、位置情報やメールなど自分に関わる指示をする場合にそのデータをSiriが利用します。とっても便利なので、アドレス帳に自分のデータが入っていない人はぜひ連絡先に自分のデータを設定してみてください。

耳にあてて話す」をオンにすると、ホーム画面からiPhoneを耳にあてるだけでSiriが起動します。Siriと話していても、周りから見れば電話をしているように見えるので、スマートにSiriに指示を出せます。

Siriを起動する

▼Siriの起動方法

  • ホームボタンを長押しする(ロック画面からも可)
  • ホーム画面(ロック画面)からiPhoneを耳にあてる(耳にあてて話す設定オンの場合)
  • Bluetooshヘッドセットから通話ボタン長押し

上記の方法でSiriを起動すると、「ピピッ」と音がなり「ご用件は何でしょう?」と表示されます。

線が波打っている間に話しましょう!

Siriの使いどころ

Siriは上記のアプリに対応しています。今後はもっと対応アプリが増えてくると思います。

▼Siriへの頼み方、使用例を確認するには?

  • Siriを起動して「?」ボタンを押す
  • Siriを起動して「使い方」と話す

上記のいずれかをすると、Siriガイドが表示されます。

例えば右下の「?」をタップすると、右のように関連するアプリ別の具体的な頼み方(使用例)が表示されます。

Siriに重要な人を学習させて賢くする

Siriは、自分にとって重要な人を学習します。(例 お母さん、夫、パートナーなど)

今回はパートナーを学習させてみます。

まずSiriを起動して「パートナー」と話します。すると「あなたのパートナーのお名前はなんですか?」と聞いてくるので、名前を伝えます。連絡帳データから探し出してくるので、間違いでなければ「はい」を押します。 これでパートナーの名前を記憶しました。次からは「パートナー」で通じるようになります。ただし、連絡帳にその人物が入っていることが前提となります。(ふりがなは入れておいたほうがいいですよ)

便利な使い方

直接Siriとは関係ないですが、Siri機能が日本語対応すると同時に、キーボードに「音声入力」が追加されました。

マイクのマークを押せば音声でテキスト入力が可能になります。超便利ですよ。 日本語を音声入力したい場合は「日本語キーボード」からマイクを押しましょう。

Siriのセキュリティ面での注意

デフォルトの設定では、「パスコードロック画面」でもSiriが起動します。パスコードロックをしていても、プライバシー情報にSiri経由でアクセス可能になってしまいます。不安な方は下記の設定からパスコードロック画面からのSiri起動をオフにしましょう。

[設定→Touch IDとパスコード]と進むと右の画面になるので、ここでSiriをオフにします。これでロック画面からSiriが起動しなくなります。パスコードロック自体をオフにしている場合は、この設定ができません。

Siriをリセットするには

最後にSiriが学習した情報などをリセットする方法です。 [設定→一般→Siri]からSiriを一旦オフにして再びオンにすればリセットされます。逆に言うと、これをすると今までの学習データがリセットされてしまうので、注意が必要ですね。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ