iPhone News ソフトバンクに900MHz帯割り当て決定!でもいったいプラチナバンドとは何?iPhoneユーザーにメリットあるの??解説します。

ソフトバンクに900MHz帯割り当て決定!でもいったいプラチナバンドとは何?iPhoneユーザーにメリットあるの??解説します。

iPhone News

techjo編集部



朝日新聞デジタル:携帯の新周波数、ソフトバンクに割り当てへ ソフトバンクが「プラチナバンド」取得 総務省電監審が答申 - MSN産経ニュース 「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯の超一等地の割り当てが、ついにソフトバンクに決まるようですね。ここで気になるのは「いったいプラチナバンドって何??」「iPhoneユーザーへのメリットは??」という点。 調べてみました! 

画像:OCN TODAY

電波の周波数帯のことなんですが、超かみくだいてポイントだけ言うと 電波の質が良く、室内や建物の陰、山間部でも届きやすい周波数帯 のことです。 数字で言うと、700MHz〜900MHzあたりです。 参考リンク:プラチナバンドとは 「プラチナ周波数帯」 (Platinum frequency bands): - IT用語辞典バイナリ
▼ソフトバンクが今まで使っていた周波数帯
ソフトバンクは主に2GHz帯という周波数帯を使用しています。(1.5GHz帯も使用していますがiPhoneは非対応)もちろんプラチナバンド帯域に比べると電波の質は悪く、建物などの遮蔽物を迂回しにくいので、極端な例では「家で寝返りうつだけで電波が届かない」(真偽は不明ですが)などとにかく「電波が届かない」という状況だった訳ですね。 しかも、iPhoneが対応している2GHz帯はもうすでにトラフィックが集中しパンク寸前な状況で、それがさらに「繋がらない」「遅い」という事態を招いているそうです。

プラチナバンドは今まで、ドコモとauの2社が持っていました。通話品質や電波の入りやすさに定評がある理由は周波数帯によるものが大きいようです。 今回の割り当てに関して激しい争奪戦が繰り広げられました。経緯を漫画で分かりやすく解説した記事がありました。 プラチナバンド争奪戦 | 今日のニュース漫画 - OCN TODAY
▼今回の割り当てについて
今回総務省によりソフトバンクに割り当てられたのは「900MHz帯」というプラチナバンド周波数帯です。 900MHz帯はiPhone4、4Sも対応しているため「グローバルバンド(国際バンド)」とも呼ばれています。 設備面で900MHz帯に対応させるためには、それ用に基地局が必要だそうです。従来の2GHz帯用基地局に比べると、鉄塔やアンテナのサイズが2倍近く必要らしく、ソフトバンクは900MHz帯基地局を2万局を新設、2万局を増強すると発表しています。 気になる時期ですが、既存の鉄塔のうち2万局くらいは900MHz帯でも使えるそうです。さらに2万局を約1年半から2年かけて新設するそうです。 リンク:900MHz帯はどうしても欲しい、基地局は2年で2万局を新設 - 編集長インタビュー:ITpro
▼iPhoneユーザーへのメリットは?
これに関しては、ソフトバンク孫社長がTwitterでこう言及しています。

900MHzの電波が許認可されれば国際バンドなので現在利用中のSBの既存のiPhoneユーザー全てが電波改善の恩恵を受けられます。Thu Oct 27 14:46:05 via TwitBird iPad

その後訂正。

全機種ではなくiPhone4以降の間違いでした。3Gと3GSの方々には4Sに無償機種変中です。RT @masason iPhoneには出荷済みの過去機種でも全て900MHz(国際バンド)が内臓されてますので当社に許認可されればご利用中のiPhoneの電波が更に改善されます。Sat Oct 29 04:41:47 via TwitBird iPad

今回あれこれ調べてみて感じた、900MHz帯の割り当てによるiPhoneユーザーのメリットは、「繋がりやすくなる(エリアが増える)」ことと、2GHz帯と900MHz帯2つの帯域を使えることによるトラフィックの分散で「快適な通信の機会が今より増える」という2点じゃないかと思いました。(これは場所、時期によって差があると思いますが) ただし、ドコモが使っている850MHz帯との干渉問題、ソフトバンクの新設する基地局の土地取得が難航するという話もあり、課題もいろいろとありそうです。これらの干渉問題や基地局の整備が整った後、iPhone4、4S、そして5などへの対応が公表されると伝えられています。 携帯電話の電波として900MHz帯が利用できるようになるのは、2012年7月からだそうです。 以上、素人が必死に調べてみました。 iPhone4以降の機種は900MHz帯に対応しているとのことですので、ソフトバンクiPhone4、4Sユーザーは今後設備などが整っていくにつれ、プラチナバンドの恩恵を受けることができそうです。楽しみですね! 追記:2012年7月25日よりプラチナバンド通信サービス開始と発表されました。 ソフトバンク プラチナバンド帯の通信サービスを7/25から開始。iPhone4、4S、iPad2でも利用可能に。 ここに今後の電波戦略記事があります。 900MHz帯確保で課題解消を狙うソフトバンク、AXGPを使った秘策も - 携帯4社の電波戦略:ITpro

あわせてよみたい


あなたにおすすめ