iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

Dropbox容量を「誰でも無料で5GB増やせる方法」を実際にやってみました。

アプリ2012/02/06

先日タイムズでお知らせした、Dropboxのベータテスト参加で無料容量ゲットできるという情報。英語の解釈の違いなどで、「500MBしか増えない」「試したけど増えなかった」「よく分からない」との声が多かったので、実際に試してみました。 結論から言うと、無料で5GB増えました。 Macで実際にやってみた流れを解説します! 続きからどうぞ▼
まず最初に、なぜ5GBも無料で増やせるのか?というと… PC、Mac版のDropboxのベータ版に追加されている新機能「automatic uploading of photos and videos」を試してくれたら500MBお礼するよ、的なものらしいです。 さらにその新機能を使って自分のDropboxに写真や動画を500MBアップロードするごとに500MBを追加、トータルで5GBまで追加できるというもの。 ※拙い英語力での解釈です。
実際にやってみました。今回はMacです。 参考記事はこちらです。 これはでかい!Dropboxの容量を無料で誰でも4.5GB増やす方法 - ライフハックブログKo's Style
▼Dropbox1.3.13をダウンロードしてインストールする
まずはこちらからダウンロードします。 Windows版: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.13.exe MacOSX版: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.13.dmg

Mac版の解説のみですいません。ダウンロードしたらダブルクリック。上の画面になりますので左のDropboxをフォルダにドラッグします。Dropboxを起動中の場合終了させてから行います。
▼automatic uploading of photos and videos機能を使って画像、動画をアップロードする
アプリケーションからDropboxを起動します。
ここからが重要 ボーナス容量ゲットする為には、「新機能」を使って500MBアップロードしなくてはいけません。普通に画像をアップロードするだけではカウントされません。 新機能の「automatic uploading of photos and videos」とは パソコンにメディア(メモリカードやデジカメ、iPhoneなど)をつなぐと自動的にDropboxの「Camera Uploads」フォルダにアップロードしてくれる機能です。
新バージョンのDropboxをインストールして、画像などの入ったSDカードを入れてみます。すると下記のような画面が出ます。(iPhoneでもできると書いてありましたが、私のiPhoneは設定が違うのかできませんでした。)

チェックが入っていれば新機能を自動的に使う設定になります。

デジカメの画像(SDカード)がじゃんじゃんアップロードされていきます。この転送容量が500MBを超えるごとにDropbox容量が500MBずつ追加されていきます。これを繰り返せば最大トータル5GBまで増やせます。 ※追記2012/02/06 500MBずつアップロードしなきゃいけないような表現になりましたが、実際はまとめてアップロードしても容量は追加されていきます。(例. 2GBの動画ファイルを1つアップロード→500MB x 4=2GB増加) 容量が増えたら、アップロードしたファイルは削除しても大丈夫です。

私は50GBの有料プランを使っていますが、無事+5GB増えたようです。(※これをやる前の容量を確認していないので推測です。すいません。) おそらく長くは続かないボーナス容量サービスだと思いますのでお早めにお試しください。 この無料追加容量キャンペーンは期日不明なので、すでに終了している可能性もあります。ご了承ください。 こちらのストレージサービス記事もおすすめです。 無料で最大50GB使える!何でも入り超高機能な次世代ストレージ「minus」の使い方
注目の記事
ページトップへ戻る