iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

氾濫する情報をスマートに整理する話題のキーワード「キュレーション」に関する無料アプリ5選

まとめ2012/01/18

今やTwitterやFacebookなどにより情報過多の時代。多くのユーザーがそのソーシャルネットワーキングサービスを情報収集ツールとして活用されているかと思います。 良くも悪くも毎日沢山の情報が流れるタイムライン、見逃すことも多々あります。 最近では、キュレーションを活用し賢くそして快適な情報収集ができるキュレーションアプリが注目を集めています。 そこで、今回は話題・人気の記事を見逃さず網羅する為の情報収集ツール、キュレーションアプリを5つ厳選してご紹介します!全て無料アプリです!ぜひ参考にしてみてください。 ▼キュレーションとは。 “情報を収集し、選別し、意味づけを与えて、それをみんなと共有する”ことをキュレーションと言います。   ※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします。

Summify Summify - Context Media Technologies Inc.
[販売価格]無料 [カテゴリ] ニュース,ソーシャルネットワーキング
キュレーションアプリの中では今一番好評! 一度使うともう手放せないキュレーションアプリと言ってもいいでしょうね。Twitter、Facebook、Googleリーダーを指標とし重要な記事を自動収集してまとめてくれます。重要度合いの基準としては、どれだけ共有されているかという点。 雑誌のようなレイアウトで見やすく、1記事ごとに共有したユーザーアイコンも表示されるので一目でわかりやすいです!
Flipboard Flipboard - Flipboard Inc.
[販売価格]無料 [カテゴリ] ニュース
Apple社のiPadアプリオブザイヤーに指定され、タイム誌のベスト50にも選ばれたアプリ。 Twitter・Facebook・Tumblr・InstagramなどのSNSに加え、小さなブログからローリングストーン誌やバニティフェア誌などの出版物に至るまで網羅し各分野・サービスごとに1冊の雑誌をつくりあげて表示します。雑誌風の表示スタイルや縦にフリップし閲覧するといった独特なUIが特徴的です。捲る感じがとても快適です。 iPhone/iPadどちらにも対応しています。 (ユニバーサルアプリ)
Zite Personalized Magazine Zite Personalized Magazine - Zite, Inc.
[販売価格]無料 [カテゴリ] ニュース
最初に多数のカテゴリから関心のあるカテゴリを自由に選択し、カテゴリごとに一覧にまとめて表示します。読んだ履歴から記事をレコメンドでき、TwitterやFacebookで共有したり、その他Evernoteなどのサービスへの保存も可能です。Google+のストリームのように左右にスワイプで閲覧カテゴリの切替ができ、文字サイズや文字スタイルの変更ができる点が特徴的。 そして、何と言っても海外の記事の質は群を抜いています。自分に合った記事をキュレーションしてくれるようになるアルゴリズムが素晴らしいです! iPhone/iPadどちらにも対応しています。 (ユニバーサルアプリ)
feedly feedly - DevHD
[販売価格]無料 [カテゴリ] ニュース
どちらかというとRSSに近いですが、見た目はSummifyやFlipboardのような雑誌風の表示で見やすいです。オーバーレイ表示メニューなので記事閲覧時はすっきりとした画面で読むことができます。feedlyの特徴は、ジャスチャー操作で既読/未読、保存などが行える点。Web版や拡張機能も揃っているので、iPhoneだけでなくパソコンでも雑誌風表示のまま閲覧が可能です。 iPhone/iPadどちらにも対応しています。 (ユニバーサルアプリ)
ONETOPI ONETOPI - ITmedia Inc.
[販売価格]無料 [カテゴリ] ニュース
キュレーターと呼ばれる各分野の専任解説者が価値の高い情報のみを選び抜き、その記事に対してコメント付きで紹介しています。多数のキュレーターの中から自分の求めている情報をより多く紹介しているキュレーターをリスト化することもできます。 Twitter IDでログインし、紹介されている記事をリツイートしたりメール送信することができます。 ※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします。
注目の記事
ページトップへ戻る