iPhoneアプリのおすすめ情報【techjo】

iPhoneの留守番電話機能の謎、あなたは「赤丸or数字」どっち?

iPhone設定・使い方・Tips2011/12/30

みなさんの中にも同じように疑問を抱いている方はいるのではないでしょうか。留守電が入った時、どのような通知が表示されますか!?メッセージを確認する時、iPhone“電話”の「留守番電話」をタップすると自動的に留守番電話サービスセンターに発信されませんか!? 実はiPhone女史 編集部の@nana_jyoshiの通知は電話アイコンに赤丸「」が表示され、iPhone“電話”の「留守番電話」をタップすると留守番電話サービスセンターへ発信されます。私(@Chocola_jyoshi)は数字が表示され、メッセージは一覧で確認でき再生/削除ができる。みなさんこの通知表示やメッセージ確認方法の違いご存じでしたか!? ひょんな事からこの2種類の留守番電話機能の違いについて気付き、何故!?という疑問から色々と調べてみました!そして見事解決ー! ということで、今回はその謎について、解決法についてをご紹介していきたいと思います。
@nana_jyoshiの場合 ▼留守電通知 電話アイコンの右上には「1+」のバッジが表示されています。この“1”といいうのは着信数を表しているようで、“+”は留守電メッセージ有りを表しています。 ちなみに着信履歴だけを確認すると“1”は消え、赤丸「」だけが表示されています。

▼メッセージ確認方法 iPhone「電話」を起動し右下の「留守番電話」をタップすると、即座に留守番電話サービスセンターに発信します。

@Chocola_jyoshiの場合 ▼留守電通知 電話アイコンの右上には「2」のバッジが表示されています。着信数“1”に留守電メッセージ数“1”が加算され数字のみで表示されています。

▼メッセージ確認方法 iPhone「電話」を起動し右下の「留守番電話」をタップすると、留守電メッセージの一覧が表示されます。タップし録音されたメッセージを確認することができ、聞いた後は削除することもできます。

この違いって何だろう...と思い、色々と調べてみました! 実は、iPhone契約時の契約内容によって異なることが検証結果で判明。みなさん、iPhone契約の際、オプションサービスで「留守番電話プラス」を申込み留守電サービスを利用していますか!?または、「iPhone基本パック」を利用していますか!? この「留守番電話プラス」または「iPhone基本パック」を利用している、利用していない、とで留守番電話機能の違いがあるんです。 @nana_jyoshiはこのiPhone基本パックを利用していない、私(@Chocola_jyoshi)は利用しています。利用していると言っても、私の意志で申し込んだ記憶はないのですが。笑 iPhone基本パックって何? iPhoneを便利に活用するためのオプションサービスがお得なセットになったのがこのiPhone基本パック。  ・位置ナビ ・一定額ストップサービス ・留守番電話プラス  ・割込通話 ・グループ通話 それぞれのオプションサービスを利用する場合、個別申し込みが必要で上記全てのサービスを利用すると1,050円/月かかるところ、iPhone基本パックなら498円/月で利用可能になるというお得なセット。

LINK:Softbank iPhone基本パックについて このiPhone基本パックを利用しているかわからない...という方は、My Softbankから確認ができますよー! My Softbankにログイン後、「変更手続き」→利用状況「契約内容照会」→オプションサービス部分に「iPhone基本パック」(または個別で「留守番電話プラス」)が記載されているかで確認できます。

結論 この「留守番電話プラス」というオプションサービスを申し込み利用している方は、留守電メッセージがあるとiPhone“電話”内の「留守番電話」ページで一覧表示され、簡単にメッセージを確認したり削除することが可能になるんです!これって結構便利なんですよねー! iPhone基本パックに申し込まずとも「留守番電話プラス」のみを申し込み利用することで、留守電メッセージの確認が超簡単になる。というわけです。 ちなみに、この「留守番電話プラス」を利用していない場合、月額は無料ですが留守番電話サービスに発信しメッセージを確認する際は通話料がかかっています。 この留守番電話プラスを活用すると便利ー!と思うかどうかは個人差があるかとは思いますが、メッセージが録音される度に毎回留守番電話サービスへ電話するのが面倒だ...という方には便利なサービスだと思いますよー! また、よく留守電メッセージが入ってる、という方は「留守番電話プラス」を利用する方が安くあがるというメリットもありますね。利用状況に応じてオプションサービスの利用を再度検討されてみるといいですね!



注目の記事
ページトップへ戻る