アプリ 2012年こそ始めたい、最強Evernote閲覧アプリ「Awesome Note」で作るライフログ帳。旅先グルメ、スタンプやチケットなどを入れて綴る「旅ログ」のすすめ

2012年こそ始めたい、最強Evernote閲覧アプリ「Awesome Note」で作るライフログ帳。旅先グルメ、スタンプやチケットなどを入れて綴る「旅ログ」のすすめ

アプリ

techjo編集部



一年の計は元旦にあり、と言いますが新たな年を迎えるにあたって、ぜひ始めたいことのひとつ、「日記」。せっかくiPhoneを持っているのですから、2012年どこへ行き何を感じ、どう過ごしたか、という記録(ライフログ)を楽しみながら残していきたいものです。

ライフログと言えば、エバーノートですが「記録」には抜群の威力を発揮してくれます。しかしiPhoneからの「閲覧」は…正直エバーノートに日々投げ込むライフログの断片は、パソコンでたまに見る程度で他の日記アプリのような快適な閲覧性は今のところ、ありません。 個人的に、Evernote連携でライフログを閲覧も入力も楽しめる最強のアプリと言えば「Awesome Note」です。 今回は、Awesome Noteを使って「旅の記録」を残すライフログレシピをお届けします。

▼アプリのダウンロードはこちら

記事で紹介したアプリ

  • NAME:Awesome Note 2 - All in One Organizer
  • CATEGORY:仕事効率化,ビジネス
  • PRICE:480円

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Awesome Noteは、iPhoneではすでに老舗中の老舗アプリでもともと「ノート」として完成の域に達しているアプリです。見た目をカスタマイズしたり、リスト表示を日記形式にしたり写真を目立つ配置にしたり、自分の意のままに並べて見やすくできます。 また、エバーノートアプリはiPhone内にデータを残さないので、毎回サーバーに接続します。これはエバーノートの仕様上仕方ないことなのですが、AnoteはiPhone内にデータを蓄積するのでストレスがないです。

整理しやすい

タブ形式のフォルダ分けができるうえ、タグも快適に付けることができます。作成済みノートの編集もしやすく、柔軟な整理が可能です。グラフィカルなアイコンもフォルダ分けに使えるのもいいですね。

楽しく何度も読み返せる

これが一番大きな理由です。やはり楽しく見返すことができると継続するモチベーションが違います。日々書き連ねてもその積み重ねが実感しにくいと、いつの間にか残す行為そのものを忘れてしまいます。

Awesome Noteで旅ログ帳を作ってみよう!

とりあえず、まずは私の例をご覧ください。

下から4つが「旅に関するノート」です。お城と神社を見るのが好きなので、それぞれフォルダを作っています。一番上の雑誌クリップは、本の切り抜きなどを入れていますが今回旅には関係ないので割愛します。 上から紹介します。

まず「旅グルメ」は旅先で食したご当地グルメなどを入れています。★で評価もできます。ご当地グルメがリストに並んでいくのは結構快感ですよ。テキストで値段やメモなどを書いています。

「旅グルメ」の表示形式は「詳細」表示にしています。ここでいつでも表示形式をノートの内容に応じて切り替えできるのがAnoteの魅力です。

次が「旅の思い出」フォルダです。ここには、旅先のスタンプやプリクラ、おみやげで購入したものなどを適当に入れています。後で読み返して「なんでこんなもの買ったんだろう」と反省するのもまた楽しいです。

次はメインフォルダ「100名城」です。熊本城は日本三大名城。自然とお城が好きになりました。日本100名城を制覇するのが夢なので、ここにお城のスタンプや写真、入城チケットやパンフレットなどを入れています。お城は形が似ているので思い出す時に何度もこのフォルダを見ます(笑) ちなみに日本100名城は日本城郭協会が選出したお城百選です。 http://www7a.biglobe.ne.jp/~nihonjokaku/100meijo.html

100名城フォルダはスタンプ写真を一覧表示したいので「写真」表示にしています。この形式は1枚目の写真がサムネイル表示されます。 スタンプやチケット、パンフレットなどを綺麗に入れたい時はこのアプリ。

▼アプリのダウンロードはこちら

記事で紹介したアプリ

  • NAME:CamScanner+
  • CATEGORY:仕事効率化,ビジネス
  • PRICE:1120円

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

操作も簡単で斜めから撮ったスタンプなどを綺麗に取り込めます。写真表示に適したJPG形式で出力できるのも◯。

ここはまだ整理中なのですが、「朱印帳」フォルダです。お城巡りと共に、旅先で神社に行くのが好きなのでそこでいただいた朱印やお守りなどを入れています。これもCamScanner+でスキャンして取り込んでいます。

Awesome Noteの旅ログ帳をEvernoteに連動させる

Awesome NoteとEvernoteを連携するのは簡単です。設定から「同期と転送(Evernote)」を選択しEvernoteアカウントでログインします。これで「今すぐ同期」を押せば同期が始まります。同期は自動ではないので同期ボタンから行います。

同期するとEvernoteに[Anote]という名前のノートブックが作成されます。

エバーノートから見るとこんな感じです。もちろんエバーノート側から編集も可能です。 いかがでしたか?これを自分好みに応用すればいろんなライフログがとれますね。ぜひお試しください。

あわせてよみたい


あなたにおすすめ