アプリ 簡単に写真サイズを変更したり切り取ったりできる無料の写真加工アプリ「EverClipper」が快適!サクッとEvernoteへ送信OK

簡単に写真サイズを変更したり切り取ったりできる無料の写真加工アプリ「EverClipper」が快適!サクッとEvernoteへ送信OK

アプリ

Chocolate



EverClipper
写真サイズのリサイズや回転、トリミングといった写真編集に特化した【EverClipper】は、リサイズした写真をEvernoteへ送信ができます。アプリ名からしてEvernoteへ送信可能なのは言うまでもありませんが、このEverClipperの特徴は、10段階でのリサイズが用意されている点。 とてもシンプルなUIで使いやすく、写真には位置情報の付加もでき、フォトログに最適です!Evernoteへの送信以外にも、メール送信が可能です。 もちろん、写真編集ツールとしてEvernoteを利用していないユーザーにもオススメです!

起動するとまず設定画面が表示されます。EvernoteユーザーはWvernoteアカウント情報を入力し設定を行います。

「設定」では、アカウント情報以外に以下の項目が設定可能です。 ●ノート:前回のノートブック保持[オン/オフ]、前回のタグ保持[オン/オフ]、前回のメモ配置保持[オン/オフ] ●送信時設定:画像フォーマット選択、位置情報の送信[オン/オフ]、WiFi時のみ送信[オン/オフ] ●保存時設定:画像フォーマット選択、撮影後に自動保存[オン/オフ]、位置情報(ジオタグ)保存[オン/オフ]、        終了時に編集中の画像保持[オン/オフ] ●メール:メール送信時のアドレス登録 ●その他の設定:画像回転用のグリッド表示[オン/オフ]

※PNG画像に対応していない携帯電話などへの送信の際は、画像フォーマットをJPEGに設定し使用します。 TOP画面下にはツールボタンが表示されています。 左から:カメラ起動・読込み・リサイズ・トリミング・回転・設定 読込みボタンタップで「フォトアルバム」を選択し編集したい写真を選択します。(未送信リストは後程)

▼リサイズ では早速、写真サイズのリサイズ! 下部の中央に位置しているリサイズボタンをタップします。サイズ種類は上部にポップアップ表示されます。スワイプで全サイズ閲覧できタップで選択です。

▼サイズ 長さの比率: ●1(100%) ●9/10(81%) ●8/10(64%) ●7/10(49%) ●6/10(36%) ●5/10(25%)         ●4/10(16%) ●3/10(9%) ●2/10(4%) ●1/10(1%)  長さを指定: ●1024×(px) ●800×(px) ●640×(px)
上部のリサイズ画像部分を左へスワイプし一番最後までいくと「Custom」ボタンがあります。Customボタンをタップするとリサイズ一覧が表示され、右上の「+」からサイズのカスタマイズができます。

▼回転 では次に、写真を回転してみましょう! 下部の回転ボタンをタップします。上部には回転パターンがポップアップ表示されます。左へ90℃回転、右へ90℃回転、180℃回転と3つのパターンがあります。タップ選択で回転します。 3パターンからでなく、写真画像をスワイプすることで自由な角度に回転させることもできます!

▼トリミング お次は、写真をトリミングしてみましょう! 下部のトリミングボタンをタップ。トリミングサイズは上部のポップアップ表示から選択、または「Custom」から自由にトリミングできます。

トリミングサイズをタップ選択すると、写真部分に領域が表示されます。移動したい場合は領域中央をドラッグすると移動できます。また、領域を変更したい場合、角をドラッグし変更も可能です。 トリミング領域が決まったら領域内をダブルタップすると確定となり切り取られます。

▼保存/メール送信/Evernoteへ送信 加工が終了したあとは、下部の読込みボタンをタップします。カメラロールへの保存、メールやEvernoteへの送信などメニューから選択します。ここではEvernoteへの送信を試してみました。

タイトル入力、ノートブック選択、タグ選択または入力、メモ入力ができます。 メモ欄の右上にちっちゃく表示されたボタンは写真と文字の配置順を変更するボタンになります。写真が上に配置または下に配置とタップごとに変更されます。 画面上部の地球儀マークをタップすると位置情報の付加ができ、地図が表示された画面でピンボタンをタップするとピンが配置されます。あとは「送信」をタップ!

※ノートブックとタグはEvernote内のノートブックやタグが参照リストとして表示されます。ノートブックに関してはこのアプリでの新規作成はできないようです。 ▼未送信リスト Evernoteへ送信する際、バックグラウンドでの送信処理を行うため一旦送信待ちリストに保存されます。その後、送信されます。 送信時設定で「WiFi時のみ送信」をオンにしている場合、WiFiが繋がっていない環境では未送信リストに保存されWiFiが繋がったら送信開始となります。

複雑な操作は一切ないので、簡単に加工できサッとEvernoteへ送信できますよー!しかも無料なのでぜひ試してみてくださいね♪Evernoteユーザーはもちろんですが、Evernoteを利用していない方にも編集ツールとしてオススメです! 今回ご紹介したのは無料版ですが、広告表示があります。広告表示が気になる...という方は有料版をどうぞ。

EverClipper Plus
EverClipper Plus仕事効率化, 写真/ビデオ

¥85

【関連アプリはコチラ⇩】

えばろぐ
えばろぐ仕事効率化, ユーティリティ

¥170

i Tunes Store へ

 

あわせてよみたい


あなたにおすすめ